skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

Swarali Tadwalkar, MPH

2015年にタンパ・サウス・フロリダ大学で公衆衛生学修士(MPH)を取得。デジタル・ヘルス、医療政策と管理、医療経済とアウトカム研究(HEOR)のプロジェクトに起因するプライマリー・セカンダリーのヘルスケア研究に豊富な経験を持つ。

現在、ディシジョン・リソーシズ・ブループ疫学チームのアソシエイトエピデミオロジストとして特に興味がある分野のオンコロジーに加えて、希少疾患、中枢神経系に関連する疾患の疫学的人口を予測。最近の発表は2018年世界癌会議(マレーシア クアラルンプール)での「今後10年間におけるチロシンキナーゼ阻害剤の慢性骨髄性白血病疫学への影響」。

Back To Top
×Close search
Search