skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

腎細胞がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

進行性の腎細胞がん治療では免疫チェックポイント阻害薬と血管新生抑制薬の併用レジメンが革命をもたらしそうです。腎細胞がん治療の主流は、血管新生抑制薬ではあるものの、再発がんにおいてはブリストル・マイヤーズ スクイブ・小野薬品のPD-1阻害薬オプジーボが相当シェアを獲得しています。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search