skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch
Epilepsy

てんかん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGでは、主要7カ国におけるてんかん患者数を470万人と推定しています。(てんかん|Epidemiology 疫学)既存及び新たなブランド薬のマーケティング担当者にとっては、確立しているとはいえ発展を続けるこの市場の推移とニッチ機会の理解が重要です。
続きを読む

慢性疼痛 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

慢性疼痛の治療には、NSAID、オピオイド鎮痛薬を含むいくつかのクラスの薬剤が使用されます。慢性疼痛市場には、ジェネリック医薬品を含め多数の薬剤が存在し、新たなブランド薬が確固たる地位を築くにはかなり厳しい市場といえます。
続きを読む

ADHD | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

主要7カ国市場では4000万人以上の小児、青年、成人が注意欠陥・多動性障害(ADHD)に苦しんでいるとみられます。既存治療薬での不十分さへの治療ニーズがあり、新たな薬剤が他社製品との差別化を図るうえで絶好の機会だといえます。成人ADHDの発見や治療は十分ではありませんが、特に米国では認識と診断率が高まることが予想され、相当の市場機会が見込まれます。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search