skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch
Myelodysplastic Syndromes

MDS(骨髄異形成症候群) | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGは、骨髄異形成症候群パイプラインには有望な薬剤が数剤存在し、上市が期待され、低リスク、高リスク患者グループでの使用が高まることを予想しています。高リスク患者に対する新規薬剤の開発は特に困難で、調査に回答した専門医は、急性骨髄性白血病で承認された、または上市されている数製品、とりわけ特定の遺伝子異常を有する患者タイプを対象とした薬剤の臨床的可能性に強い期待を寄せています。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search