skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch
Ulcerative Colitis

潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における潰瘍性大腸炎の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。治療で使われる生物学的製剤のなかではTNFα阻害薬(ヤンセン/メルクのレミケード、アッヴィ/エーザイのヒュミラ)及びCAM阻害薬(武田のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ))が主流ですが、ファイザーのゼルヤンツ(初の経口Jak阻害薬)及びヤンセンのステラーラ(クローン病で承認、潰瘍性大腸炎で承認前段階)も現時点でのシェアはわずかながら、勢力を伸ばしつつあります。
続きを読む
Male Hypogonadism

男性精腺機能低下症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における男性性腺機能低下症(低テストステロン)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。テストステロン補充療法(TRT)の主な短所は、精子形成が低下することで、代替の低テストステロン治療法は、生殖能力維持のためゴナドトロピンの刺激に焦点を置いています。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search