skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch
Idiopathic Pulmonary Fibrosis

特発性肺線維症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における特発性肺線維症(IPF)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートは、全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、現在の特発性肺線維症治療薬市場を深く掘り下げます。
続きを読む

特発性肺線維症(IPF) | ランドスケープ&フォーキャスト|US/EU5

本レポートでは、進展しつつある特発性肺線維症市場を考察し、ピルフェニドン、ニンテダニブ、開発段階のFibroGenの静注投与型pamrevlumabの臨床的・商業的可能性を分析します。現在の特発性肺線維症治療状況を精査し、対応が急務となっている領域を特定します。さらにGalapagosの経口オートタキシン阻害薬GLPG-1690が特発性肺線維症の単独療法またはアドオン療法として承認された場合の、異なる市場シナリオを評価します。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search