skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

喘息 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

喘息治療薬市場は、新たな生物学的製剤数製品の参入、吸入薬ブランドジェネリックやジェネリックの新規市場での発売、LABA/LAMA/ICS配合剤の発売も予想されるなど、今後10年間で大きな変化を迎えそうだとDRGでは予測しています。
続きを読む
Systemic Lupus Erythematosus

全身性エリテマトーデス|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における全身性エリテマトーデス(SLE)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、新規SLE治療薬を開発中の企業の他、既存の治療薬の製造者も取り上げ、現在のSLE治療薬の使用について深く考察し、市場動向を多角的に検討します。
続きを読む
Asthma

喘息(成人)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における成人喘息の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。過去数年間に、成人の喘息治療薬市場では初のLABA/ICS配合剤ブランドジェネリック(テバのAirDuoとそのジェネリック)、初のLAMA(ベーリンガーインゲルハイムのスピリーバ)、新たな生物学的製剤(GSKのヌーカラ、テバのCinqair)などが承認され、当市場における競争が激化しつつあります。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search