skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

院内グラム陰性桿菌 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

カルバペネムなどの抗生剤は、従来「最後の切り札」として温存されていましたが、早い段階で使用されるようになっています。多剤耐性菌の増加に伴い、薬剤耐性グラム陰性桿菌に活性のある抗生剤開発が急務です。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search