skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

悪性黒色腫 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

悪性黒色腫は皮膚がんの中で最も悪性度が高く、生命を脅かす可能性があります。新たな薬剤によって患者の治療選択肢が増え、BRAF遺伝子変異に基づいて市場がセグメント化されています。市場首位メルクのキイトルーダ、小野薬品/ブリストル・マイヤーズ スクイブのオプジーボと、免疫チェックポイント阻害薬が圧倒的ですが、特に浸透度の低い術後補助療法、BRAF遺伝子野性型転移性がんに新規薬剤の機会が存在しています。
続きを読む

糖尿病黄斑浮腫/糖尿病網膜症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

糖尿病網膜症患者は、網膜の損傷のため、特に増殖性糖尿病網膜症及び糖尿病黄斑浮腫を発症した場合、視力低下、最終的には失明に至りかねません。糖尿病黄斑浮腫治療薬市場では新たに数製品が発売され、競争が激しくなっています。中心窩を含む糖尿病黄斑浮腫の標準療法は血管内皮増殖因子(VEGF)阻害薬で、承認済みのアイリーアとルセンティス、さらにアバスチンも適応外処方されています。
続きを読む

乳癌 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

乳癌は罹患率が高く、治療期間が長いことから、医薬品開発者に対し大きな事業機会を提供しています。CDK4/6阻害薬(ファイザーのイブランス、ノバルティスのKisqali、イーライリリーのベージニオ)はHR陽性/HER2陰性転移性乳癌治療において新たなダイナミクスを作り出しています。HER2陽性乳癌では、新たなHER2標的薬が開発段階にあり、参入が予想されています。
続きを読む

潰瘍性大腸炎 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

潰瘍性大腸炎市場は今後10年間で堅調な成長が見込まれます。中等度から重度患者に対する初の経口薬、さらに新規作用機序を有する新たな薬剤の参入も期待され、加えて疾患管理維持のために用いられる生物学的製剤の使用も全体的に増えそうです。これに対し、主力ブランド薬(例:シャイアのリアルダ)のジェネリック薬の参入が予想され、その他の従来の薬剤もジェネリック化が進み、やや安価なバイオシミラーTNF-αモノクローナル抗体(例ファイザーのInflectra、アムジェンのAmjevita)参入と使用拡大によって市場成長が抑制されそうです。
続きを読む

急性リンパ性白血病 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

急性リンパ性白血病の治療薬として、ここ数年新たなモノクローナル抗体の承認、そして再発・難治性小児及び若年成人急性リンパ性白血病患者に対する初のCAR-T細胞療法キムリアなど治療アウトカム改善につながっています。
続きを読む

頭頸部扁平上皮がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)は解剖学的にも生物学的にも多様であるため、薬剤開発において複雑な問題への対応が迫られてきましたが、近年、主に免疫チェックポイント阻害薬よって大きな進歩を果たしました。2016年、メルクのキイトルーダが免疫チェックポイント阻害薬として初のFDA承認を得て、頭頸部扁平上皮がんではイーライリリー/メルクKGaA/ブリストル・マイヤーズ スクイブのアービタックス以来10年以上ぶりの新薬となりました。
続きを読む

卵巣がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

卵巣がんの治療アルゴリズムは急速に発展しています。過去数十年間、標準療法は化学療法でしたが、ロシュ/ジェネンテック/中外製薬のアバスチン及びPARP阻害薬3剤の参入により、分子標的療法が主体になりつつあります。さらに、免疫チェックポイント阻害薬が治療パラダイムを大きく変えそうです。
続きを読む

アルツハイマー型認知症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

アルツハイマー型認知症治療薬は、対症療法の数製品に限られ、効果もその持続期間も十分とは言えません。「ベビーブーム世代」の高齢化に伴い、この疾患に苦しむ患者数が急速に増加することが予想されます。同時に医療資源への新たな負担となりそうです。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search