skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch
Multiple Myeloma

多発性骨髄腫 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

多発性骨髄腫市場では、サノフィ/ImmunoGenのisatuximab、OncopeptidesのYgalo、Karyopharm Therapeuticsのselinexor、Bluebird Bio/セルジーンのbb2121等の新たな薬剤が最初の承認に向けて開発を進めています。有効性を改善した、新規作用機序を有し、十分に治療を受けられていない患者群に対応できる薬剤には非常に大きな臨床的、商業的可能性があります。
続きを読む
Myelodysplastic Syndromes

MDS(骨髄異形成症候群) | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGは、骨髄異形成症候群パイプラインには有望な薬剤が数剤存在し、上市が期待され、低リスク、高リスク患者グループでの使用が高まることを予想しています。高リスク患者に対する新規薬剤の開発は特に困難で、調査に回答した専門医は、急性骨髄性白血病で承認された、または上市されている数製品、とりわけ特定の遺伝子異常を有する患者タイプを対象とした薬剤の臨床的可能性に強い期待を寄せています。
続きを読む
Chimeric Antigen Receptor (CAR) T-Cell Therapy

CAR‐T細胞療法 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

本レポートでは、既存及び開発段階のキメラ抗原受容体(CAR)‐T細胞療法をあらゆるがん種において考察し、包括的な市場予測を行います。既存及び新たなCAR‐T細胞療法を巡る状況に関するオピニオンリーダー(KOL)の見解や洞察も収載しています。
続きを読む

大腸がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

大腸がん市場では、2017年から2027年の予測期間中、免疫チェックポイント阻害薬、新たなBRAF/MEK阻害薬併用の売上は増加が予想されるものの、ジェネリック薬及びバイオシミラーの競争もまた売上に大きな影響を及ぼしそうです。本レポートでは、2017-2027年の期間中、大腸がんの治療選択肢において予想される変化などを洞察し、既存及び今後承認が見込まれる各薬剤について、現在及び今後の収益力を分析します。
続きを読む

非小細胞肺癌 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGでは、非小細胞肺がん市場は、今後10年間、堅調な成長を維持するものと予想しています。成長要因は、免疫チェックポイント阻害薬の使用と効能追加、EGFR及びALK阻害薬でも、タグリッソとアレセンサがファーストラインの効能追加を果たし、市場成長に貢献しそうです。
続きを読む

前立腺がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

前立腺がんは先進国の男性において最も発症率の高いがんです。ホルモン療法が中心で、どのステージにおいても広く使用されています。転移性去勢抵抗性前立腺がんに対しては、ザイティガ及びイクスタンジが基本治療です。現在、両剤を非転移性がんで評価する数件の治験が実施されています。
続きを読む

膀胱がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

免疫チェックポイント阻害薬の参入により、膀胱がんの治療アルゴリズムは大きく変わりつつあります。2016~17年に免疫チェックポイント阻害薬5剤のプラチナ製剤による治療歴のある患者に対する使用(セカンドライン以降)がFDAに承認され、抗PD-L1抗体テセントリク、抗PD-1抗体オプジーボ及びその他の抗PD-1/PD-L1抗体は、切除不能な局所進行または転移性がんで高い売上が予想されます。
続きを読む

悪性黒色腫 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

悪性黒色腫は皮膚がんの中で最も悪性度が高く、生命を脅かす可能性があります。新たな薬剤によって患者の治療選択肢が増え、BRAF遺伝子変異に基づいて市場がセグメント化されています。市場首位メルクのキイトルーダ、小野薬品/ブリストル・マイヤーズ スクイブのオプジーボと、免疫チェックポイント阻害薬が圧倒的ですが、特に浸透度の低い術後補助療法、BRAF遺伝子野性型転移性がんに新規薬剤の機会が存在しています。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search