skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

成長ホルモン分泌不全症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における成長ホルモン分泌不全症の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、成長ホルモン分泌不全症及びその他、遺伝子組換え型成長ホルモン剤の使用が承認されている疾患における処方パターンを多方面から検討します
続きを読む

肥満/過体重 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

持続的な体重減少をもたらし、安全で忍容性が高く、手ごろな価格の抗肥満薬には巨大な市場機会が開かれています。ただし肥満人口が多いことから、たとえそのような薬剤が開発、承認されても、限りある医療費予算の管理上、保険者からの使用制限が予想されます。
続きを読む
Type 1 Diabetes

1型糖尿病 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGは、1型糖尿病治療薬市場は今後10年間で治療選択肢の数が増え、注目すべき点が非常に多いと考えています。バイオシミラーインスリンの発売は主要7カ国の1型糖尿病治療薬市場に大きな影響を与えており、その採用を巡る医師と保険者の意識や複雑な駆け引きが見受けられます。
続きを読む

肥満/過体重 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

持続的な体重減少をもたらし、安全で忍容性が高く、手ごろな価格の抗肥満薬には巨大な市場機会が開かれています。ただし肥満人口が多いことから、たとえそのような薬剤が開発、承認されても、限りある医療費予算の管理上、保険者からの使用制限が予想されます。
続きを読む

NASH開発競争でトップに躍り出たオベチコール酸 検討されるべき3つの課題|

米インターセプトは、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)に対する薬剤として、史上初めて臨床第3相(P3)試験でポジティブな結果を出したと主張できる企業になった。同社のobeticholic acidがP3試験「REGENERATE」で線維化を1ステージ以上改善させたのは、目覚ましいブレークスルーと言える。ただ、検討されるべき課題もいくつかある。
続きを読む

2型糖尿病 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

2型糖尿病市場は、罹患者の増加と効果的な長期コントロール可能な薬剤というニーズに支えられ、本レポートの予測期間中(2017-2027年)着実に成長を続けそうです。開発パイプラインから新たに数製品が発売される見込みで、市場の成長が持続されそうです。しかしこうした新たな薬剤の多くは既存クラスまたは既存化合物の新たな併用療法で、やや「出遅れ」感があります。
続きを読む

【骨粗しょう症】イベニティ 日本で承認、米で承認勧告―骨粗しょう症治療薬 市場はどうなる

米FDAの諮問委員会は、アムジェン/UCB/アステラス製薬の骨粗鬆症治療薬「イベニティ」の承認を勧告した。まだ確定ではないが、FDAは米国でのイベニティの販売を承認するようだ。承認されれば今年1月の日本に続くもの。2016年7月の米国申請からおよそ2年半越しの朗報に、アムジェンとUCB、そしてアステラスの社内では歓声が上がったことだろう。「イベニティ」の承認は、市場にどんな影響を与えるのでしょうか?
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search