skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

院内グラム陰性桿菌 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

カルバペネムなどの抗生剤は、従来「最後の切り札」として温存されていましたが、早い段階で使用されるようになっています。多剤耐性菌の増加に伴い、薬剤耐性グラム陰性桿菌に活性のある抗生剤開発が急務です。
続きを読む

クロストリジウム・ディフィシル感染症に対するマイクロバイオームベース治療薬の上市は、新時代への幕開けにつながるのか?

ここ数年、“マイクロバイオーム”という単語が学者や医療従事者、ライフサイエンス企業の間でのバスワードになっており、多様な疾患治療のキーとなるのではないかと考えられています。ヒト・動物におけるマイクロバイオームの重要性は長い間認識されていましたが、疾患との関連性について積極的に研究されるようになったのはつい最近のことです。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search