skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

多発性硬化症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

多発性硬化症の新規診断及び最近治療を受けた患者における疾患修飾薬の現在の使用状況を明らかにし、治療期間及び薬剤の変更パターン、各薬剤の治療継続率やコンプライアンスなどを含め、各治療ラインを考察します。
続きを読む

乾癬 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国【DRGレポート】

乾癬治療薬市場は、生物学的製剤の使用の増加によって、高収益の見込める市場になりつつあります。非常に効果的なIL-17及びIL-23阻害薬の導入によって腫瘍壊死因子(TNF)-α阻害薬及びインターロイキン(IL)-12/23阻害薬ウステキヌマブ(ヤンセンのステラーラ)の圧倒的地位が脅かされつつあります。
続きを読む
Crohn's Disease

クローン病(大人)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国におけるクローン病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。新規診断された患者に生物学的製剤を処方する医師が増えています。そのなかでもTNFα阻害薬(ヤンセン/メルクのレミケード、アッヴィ/エーザイのヒュミラ)が主流ですが、武田のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ)やヤンセンのステラーラなど新しい薬剤もシェアを拡大しつつあります。
続きを読む

クローン病(小児)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における小児クローン病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。小児クローン病治療では武田薬品のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ)、ヤンセンのステラーラなどTNF以外の生物学的製剤も市場シェアを伸ばしつつあります。
続きを読む
Ulcerative Colitis

潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における潰瘍性大腸炎の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。治療で使われる生物学的製剤のなかではTNFα阻害薬(ヤンセン/メルクのレミケード、アッヴィ/エーザイのヒュミラ)及びCAM阻害薬(武田のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ))が主流ですが、ファイザーのゼルヤンツ(初の経口Jak阻害薬)及びヤンセンのステラーラ(クローン病で承認、潰瘍性大腸炎で承認前段階)も現時点でのシェアはわずかながら、勢力を伸ばしつつあります。
続きを読む
Systemic Lupus Erythematosus

全身性エリテマトーデス|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における全身性エリテマトーデス(SLE)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、新規SLE治療薬を開発中の企業の他、既存の治療薬の製造者も取り上げ、現在のSLE治療薬の使用について深く考察し、市場動向を多角的に検討します。
続きを読む

小児の潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における潰瘍性大腸炎(小児)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。武田薬品のエンタイビオとファイザーのヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ゼルヤンツの2剤は小児患者の治療では承認されていませんが、TNF-α阻害薬に反応しなかった小児患者に対する治療選択肢は限定されていることから、医師はこれらの薬剤を最後の手段として使用する可能性があります。2剤の参入によって治療状況はさらに複雑なものとなりそうです。
続きを読む

シェ―グレン症候群 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

シェ―グレン症候群の治療においては、病理プロセスを推進すると考えられる主なパスウェイを標的とし、疾患修飾の可能性を持つ新たな薬剤が開発段階にあります、こうした疾患修飾薬の上市が実現すれば、今後のシェ―グレン症候群の管理は一変する可能性があります。しかしながら、この疾患は過去の例からも開発の非常に困難な領域といえます。
続きを読む
Asthma

喘息(成人)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における成人喘息の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。過去数年間に、成人の喘息治療薬市場では初のLABA/ICS配合剤ブランドジェネリック(テバのAirDuoとそのジェネリック)、初のLAMA(ベーリンガーインゲルハイムのスピリーバ)、新たな生物学的製剤(GSKのヌーカラ、テバのCinqair)などが承認され、当市場における競争が激化しつつあります。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search