skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

小児の潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における潰瘍性大腸炎(小児)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。武田薬品のエンタイビオとファイザーのヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ゼルヤンツの2剤は小児患者の治療では承認されていませんが、TNF-α阻害薬に反応しなかった小児患者に対する治療選択肢は限定されていることから、医師はこれらの薬剤を最後の手段として使用する可能性があります。2剤の参入によって治療状況はさらに複雑なものとなりそうです。
続きを読む

シェ―グレン症候群 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

シェ―グレン症候群の治療においては、病理プロセスを推進すると考えられる主なパスウェイを標的とし、疾患修飾の可能性を持つ新たな薬剤が開発段階にあります、こうした疾患修飾薬の上市が実現すれば、今後のシェ―グレン症候群の管理は一変する可能性があります。しかしながら、この疾患は過去の例からも開発の非常に困難な領域といえます。
続きを読む

全身性エリテマトーデス(SLE) |治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における全身性エリテマトーデス(SLE)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。全身性エリテマトーデス(SLE)は多臓器系に影響を与える複雑で慢性的な自己免疫疾患であり、主な治療法としてヒドロキシクロロキン、コルチコステロイド、および従来の免疫抑制薬があります。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search