skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)| ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

現在、NASH市場では開発段階の数製品、Intercept Pharmaceuticalのオベチコール酸、ギリアドのselonsertib、Genfitのelafibranor、アラガンのcenicrivirocなどがまず上市される見込みです。関心の高まりや新たな診断法が開発され、新たな薬剤が承認されるにつれ、診断、治療率は上昇し、市場全体の成長につながることが予想されます。
続きを読む

小児の潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における潰瘍性大腸炎(小児)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。武田薬品のエンタイビオとファイザーのヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ゼルヤンツの2剤は小児患者の治療では承認されていませんが、TNF-α阻害薬に反応しなかった小児患者に対する治療選択肢は限定されていることから、医師はこれらの薬剤を最後の手段として使用する可能性があります。2剤の参入によって治療状況はさらに複雑なものとなりそうです。
続きを読む

クロストリジウム・ディフィシル感染症に対するマイクロバイオームベース治療薬の上市は、新時代への幕開けにつながるのか?

ここ数年、“マイクロバイオーム”という単語が学者や医療従事者、ライフサイエンス企業の間でのバスワードになっており、多様な疾患治療のキーとなるのではないかと考えられています。ヒト・動物におけるマイクロバイオームの重要性は長い間認識されていましたが、疾患との関連性について積極的に研究されるようになったのはつい最近のことです。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search