skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch
Pulmonary Hypertension

肺動脈性肺高血圧症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における肺動脈性肺高血圧症の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。多様な治療薬が用いられていますが、第一選択薬としてはホスホジエステラーゼ5(PDE-5)阻害薬とエンドセリン受容体拮抗薬(ERA)が最も広く処方され、有効性に優れたプロスタサイクリン製剤はその後の治療ラインで使用されています。ブランド薬の使用が圧倒的で、多くの場合は併用療法です。
続きを読む
Atrial Fibrillation

心房細動|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における心房細動の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、新規に診断された心房細動患者に対する治療パターン、治療ライン別患者シェア、治療薬の変更、治療期間、併用療法の選択に関する定量分析を行います。さらに、最近治療を受けた患者に関して、薬剤が処方される医療機関、薬剤の追加または変更のパターンを詳細に追求し、使用される薬剤の順序を数値化します。この他、各薬剤の治療継続率、服薬コンプライアンスについても分析します。
続きを読む

特発性肺線維症(IPF) | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

本レポートでは、進展しつつある特発性肺線維症市場を考察し、ピルフェニドン、ニンテダニブ、開発段階のFibroGenの静注投与型pamrevlumabの臨床的・商業的可能性を分析します。現在の特発性肺線維症治療状況を精査し、対応が急務となっている領域を特定します。さらにGalapagosの経口オートタキシン阻害薬GLPG-1690が特発性肺線維症の単独療法またはアドオン療法として承認された場合の、異なる市場シナリオを評価します。
続きを読む
Peripheral Arterial Disease

末梢動脈疾患 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

末梢動脈疾患(PAD)に特化して開発された薬剤はごくわずかで、選択肢にはここ数年ほとんど変化がありませんが、新たに数剤が開発段階にあります。当市場には深刻なニーズが存在することから、DRGでは診断率と治療率が高まれば、市場の大きな成長が見込めると予想しています。
続きを読む
Heart Failure

心不全 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

本レポートでは心不全(HF)市場における2017-2027年の期間中のEntrestoの使用、さらに2020年に予想されているHFpEFの効能追加について洞察します。新たな慢性心不全治療薬となる可能性のある数剤についても考察し、新製品の上市が見られない急性心不全市場がどのように進展しうるかを評価します。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search