skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

【DRGレポート】多発性硬化症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

成熟しているが高利益が見込める多発性硬化症市場は、現在、複雑な治療アルゴリズムの移行が新規薬剤によって促進され、細分化が続く。ロシュ/ジェネンテック社のOcrevus(オクレリズマブ)により再発性MSでの競合が激化し、導入に関して長年続く議論が加熱化する。一方で、治療が不十分な進行性MS患者群の治療がOcrevusによって拡大される。
続きを読む
Alzheimer's Disease

アルツハイマー病|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国におけるアルツハイマー病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートは全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、さらに、付随する別の保険請求データを用いてアルツハイマー病治療に用いられる神経精神病薬を細部まで深く検討します。
続きを読む
Epilepsy

てんかん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGでは、主要7カ国におけるてんかん患者数を470万人と推定しています。(てんかん|Epidemiology 疫学)既存及び新たなブランド薬のマーケティング担当者にとっては、確立しているとはいえ発展を続けるこの市場の推移とニッチ機会の理解が重要です。
続きを読む
Neuropathic Pain

神経障害性疼痛 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

神経障害性疼痛市場では主要製品が堅調な売上を維持し、使用可能なジェネリック薬も増加していますが、神経障害性疼痛に苦しむ患者数の上昇、さらには現在の治療選択肢で治療困難な患者も少なくないため、特に新たな作用機序を持つ鎮痛薬のニーズが存在しています。
続きを読む

慢性疼痛 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

慢性疼痛の治療には、NSAID、オピオイド鎮痛薬を含むいくつかのクラスの薬剤が使用されます。慢性疼痛市場には、ジェネリック医薬品を含め多数の薬剤が存在し、新たなブランド薬が確固たる地位を築くにはかなり厳しい市場といえます。
続きを読む

ADHD | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

主要7カ国市場では4000万人以上の小児、青年、成人が注意欠陥・多動性障害(ADHD)に苦しんでいるとみられます。既存治療薬での不十分さへの治療ニーズがあり、新たな薬剤が他社製品との差別化を図るうえで絶好の機会だといえます。成人ADHDの発見や治療は十分ではありませんが、特に米国では認識と診断率が高まることが予想され、相当の市場機会が見込まれます。
続きを読む

アルツハイマー型認知症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

アルツハイマー型認知症治療薬は、対症療法の数製品に限られ、効果もその持続期間も十分とは言えません。「ベビーブーム世代」の高齢化に伴い、この疾患に苦しむ患者数が急速に増加することが予想されます。同時に医療資源への新たな負担となりそうです。
続きを読む

統合失調症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

統合失調症市場は非常に混戦状態です。主要な経口薬に対するジェネリック薬の参入を含め多数の抗精神病薬が存在し、新たな経口非定型抗精神病薬に加え、持続性注射剤(LAI)間の競争が激化しています。
続きを読む

強迫性障害(OCD):治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における強迫性障害(OCD)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析した。この調査の結果、米国では長期的投与が可能なジェネリックの投与、患者の多様性に対応するためのオフレーベル使用と併用投与が多く、ブランド品の新規で診断された患者への投与は非常に限られていることが分かった。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search