skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

多発性硬化症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

多発性硬化症の新規診断及び最近治療を受けた患者における疾患修飾薬の現在の使用状況を明らかにし、治療期間及び薬剤の変更パターン、各薬剤の治療継続率やコンプライアンスなどを含め、各治療ラインを考察します。
続きを読む

【DRGレポート】多発性硬化症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

成熟しているが高利益が見込める多発性硬化症市場は、現在、複雑な治療アルゴリズムの移行が新規薬剤によって促進され、細分化が続く。ロシュ/ジェネンテック社のOcrevus(オクレリズマブ)により再発性MSでの競合が激化し、導入に関して長年続く議論が加熱化する。一方で、治療が不十分な進行性MS患者群の治療がOcrevusによって拡大される。
続きを読む

乾癬 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国【DRGレポート】

乾癬治療薬市場は、生物学的製剤の使用の増加によって、高収益の見込める市場になりつつあります。非常に効果的なIL-17及びIL-23阻害薬の導入によって腫瘍壊死因子(TNF)-α阻害薬及びインターロイキン(IL)-12/23阻害薬ウステキヌマブ(ヤンセンのステラーラ)の圧倒的地位が脅かされつつあります。
続きを読む
Idiopathic Pulmonary Fibrosis

特発性肺線維症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における特発性肺線維症(IPF)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートは、全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、現在の特発性肺線維症治療薬市場を深く掘り下げます。
続きを読む

痛風|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における痛風の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、尿酸低下薬の処方パターンを明らかにし、ジェネリックアロプリノールが圧倒する当市場における新たなブランド薬の使用状況を考察します。
続きを読む

糖尿病性黄斑浮腫/糖尿病性網膜症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における糖尿病性黄斑浮腫(DME)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。糖尿病性黄斑浮腫市場では競争が激しいため、リアルワールドデータを用いて糖尿病性黄斑浮腫治療の現状を把握することが非常に重要です。
続きを読む
Crohn's Disease

クローン病(大人)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国におけるクローン病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。新規診断された患者に生物学的製剤を処方する医師が増えています。そのなかでもTNFα阻害薬(ヤンセン/メルクのレミケード、アッヴィ/エーザイのヒュミラ)が主流ですが、武田のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ)やヤンセンのステラーラなど新しい薬剤もシェアを拡大しつつあります。
続きを読む

クローン病(小児)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における小児クローン病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。小児クローン病治療では武田薬品のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ)、ヤンセンのステラーラなどTNF以外の生物学的製剤も市場シェアを伸ばしつつあります。
続きを読む
Type 2 Diabetes

2型糖尿病|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における2型糖尿病の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。DPP-IV阻害薬、SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬などによって医師の選択肢は広がり、新旧いずれのクラスにおいても多数のブランド薬がポジショニング確保をかけて競い合っています。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search