skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

多発性硬化症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

多発性硬化症の新規診断及び最近治療を受けた患者における疾患修飾薬の現在の使用状況を明らかにし、治療期間及び薬剤の変更パターン、各薬剤の治療継続率やコンプライアンスなどを含め、各治療ラインを考察します。
続きを読む

【DRGレポート】多発性硬化症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

成熟しているが高利益が見込める多発性硬化症市場は、現在、複雑な治療アルゴリズムの移行が新規薬剤によって促進され、細分化が続く。ロシュ/ジェネンテック社のOcrevus(オクレリズマブ)により再発性MSでの競合が激化し、導入に関して長年続く議論が加熱化する。一方で、治療が不十分な進行性MS患者群の治療がOcrevusによって拡大される。
続きを読む

乾癬 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国【DRGレポート】

乾癬治療薬市場は、生物学的製剤の使用の増加によって、高収益の見込める市場になりつつあります。非常に効果的なIL-17及びIL-23阻害薬の導入によって腫瘍壊死因子(TNF)-α阻害薬及びインターロイキン(IL)-12/23阻害薬ウステキヌマブ(ヤンセンのステラーラ)の圧倒的地位が脅かされつつあります。
続きを読む

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)| ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

現在、NASH市場では開発段階の数製品、Intercept Pharmaceuticalのオベチコール酸、ギリアドのselonsertib、Genfitのelafibranor、アラガンのcenicrivirocなどがまず上市される見込みです。関心の高まりや新たな診断法が開発され、新たな薬剤が承認されるにつれ、診断、治療率は上昇し、市場全体の成長につながることが予想されます。
続きを読む

慢性閉塞性肺疾患(COPD)| ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

COPD市場は、LABA/ICS配合剤からLABA/LAMA配合剤、さらにはLABA/LAMA/ICSの3剤配合剤へと次第に移行しつつありますが、既存及び現在開発段階のジェネリック薬がこのトレンドに大きな影響を及ぼしそうです。
続きを読む
Multiple Myeloma

多発性骨髄腫 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

多発性骨髄腫市場では、サノフィ/ImmunoGenのisatuximab、OncopeptidesのYgalo、Karyopharm Therapeuticsのselinexor、Bluebird Bio/セルジーンのbb2121等の新たな薬剤が最初の承認に向けて開発を進めています。有効性を改善した、新規作用機序を有し、十分に治療を受けられていない患者群に対応できる薬剤には非常に大きな臨床的、商業的可能性があります。
続きを読む

喘息 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

喘息治療薬市場は、新たな生物学的製剤数製品の参入、吸入薬ブランドジェネリックやジェネリックの新規市場での発売、LABA/LAMA/ICS配合剤の発売も予想されるなど、今後10年間で大きな変化を迎えそうだとDRGでは予測しています。
続きを読む
Type 1 Diabetes

1型糖尿病 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGは、1型糖尿病治療薬市場は今後10年間で治療選択肢の数が増え、注目すべき点が非常に多いと考えています。バイオシミラーインスリンの発売は主要7カ国の1型糖尿病治療薬市場に大きな影響を与えており、その採用を巡る医師と保険者の意識や複雑な駆け引きが見受けられます。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search