skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

メンタルヘルス・依存症に対するデジタルセラピューティクスの動向

メンタルヘルスや依存症治療のオプションとしてデジタルセラピューティクスが注目を集めている。ケアの不足を補い、医療提供者の負担を減らし、治療薬の効果を高める可能性があることから、患者、医療提供者、保険会社、そして製薬企業がその将来性に期待している。
続きを読む

ノバルティスが離脱してもデジタルセラピューティクスの未来は揺るがない

デジタルセラピューティクスの対価は誰が払うのか。この最大に問いに答えは出ていない。ディベロッパーは、消費者に直接販売する形や、行政・雇用主・保険会社と連携する形など、さまざまなモデルを模索している。中でも、製薬企業と提携するモデルでは、デジタルセラピューティクスが従来型の治療薬を強化する役割を果たし、それが患者の転帰の改善につながれば...
続きを読む

【デジタルヘルス】デジタルヘルスは医療従事者の負担を増やすのか、減らすのか?製薬企業が考えるべきこととは?

WHO(世界保健機関)は、遠隔医療技術に注目しており、医療システムへの最適な導入方法を検討している。先月公表された医療システムの強化に向けたデジタル介入に関する推奨事項という最新のガイドラインでは...
続きを読む

【デジタルヘルス】包括支払いに向けた「ヘルスケアブレイン」の構築―AIと患者データの連携

医療業界では今後、AIの重要性が高まりそうだ。電子カルテ(EMR)の実現で競争は加熱しており、この変革でモチベーションを高めたプロバイダーは今後、より大きなリスクをとってこの分野を強化してくるだろうとDecision Resources Groupは予測している。
続きを読む

ジャパンライフサイエンスウィーク2019でDRG Japanの前田がデジタルヘルスの展望に関して講演を致しました

ジャパンライフサイエンスウィーク2019でDRG Japanの前田がデジタルヘルスの展望に関して講演を致しました AI、ウェアラブル端末とセンサー、チャットボット、ゲーミフィケーションなどのアプリケーションは今後のライフサイエンス業界にどのような影響を及ぼすのか?10個のポイントに関して講演を致しました。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search