skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

急性リンパ性白血病 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

急性リンパ性白血病の治療薬として、ここ数年新たなモノクローナル抗体の承認、そして再発・難治性小児及び若年成人急性リンパ性白血病患者に対する初のCAR-T細胞療法キムリアなど治療アウトカム改善につながっています。
続きを読む

頭頸部扁平上皮がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)は解剖学的にも生物学的にも多様であるため、薬剤開発において複雑な問題への対応が迫られてきましたが、近年、主に免疫チェックポイント阻害薬よって大きな進歩を果たしました。2016年、メルクのキイトルーダが免疫チェックポイント阻害薬として初のFDA承認を得て、頭頸部扁平上皮がんではイーライリリー/メルクKGaA/ブリストル・マイヤーズ スクイブのアービタックス以来10年以上ぶりの新薬となりました。
続きを読む

腎細胞がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

進行性の腎細胞がん治療では免疫チェックポイント阻害薬と血管新生抑制薬の併用レジメンが革命をもたらしそうです。腎細胞がん治療の主流は、血管新生抑制薬ではあるものの、再発がんにおいてはブリストル・マイヤーズ スクイブ・小野薬品のPD-1阻害薬オプジーボが相当シェアを獲得しています。
続きを読む

慢性疼痛 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

慢性疼痛の治療には、NSAID、オピオイド鎮痛薬を含むいくつかのクラスの薬剤が使用されます。慢性疼痛市場には、ジェネリック医薬品を含め多数の薬剤が存在し、新たなブランド薬が確固たる地位を築くにはかなり厳しい市場といえます。
続きを読む

院内グラム陰性桿菌 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

カルバペネムなどの抗生剤は、従来「最後の切り札」として温存されていましたが、早い段階で使用されるようになっています。多剤耐性菌の増加に伴い、薬剤耐性グラム陰性桿菌に活性のある抗生剤開発が急務です。
続きを読む

ADHD | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

主要7カ国市場では4000万人以上の小児、青年、成人が注意欠陥・多動性障害(ADHD)に苦しんでいるとみられます。既存治療薬での不十分さへの治療ニーズがあり、新たな薬剤が他社製品との差別化を図るうえで絶好の機会だといえます。成人ADHDの発見や治療は十分ではありませんが、特に米国では認識と診断率が高まることが予想され、相当の市場機会が見込まれます。
続きを読む

卵巣がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

卵巣がんの治療アルゴリズムは急速に発展しています。過去数十年間、標準療法は化学療法でしたが、ロシュ/ジェネンテック/中外製薬のアバスチン及びPARP阻害薬3剤の参入により、分子標的療法が主体になりつつあります。さらに、免疫チェックポイント阻害薬が治療パラダイムを大きく変えそうです。
続きを読む

アルツハイマー型認知症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

アルツハイマー型認知症治療薬は、対症療法の数製品に限られ、効果もその持続期間も十分とは言えません。「ベビーブーム世代」の高齢化に伴い、この疾患に苦しむ患者数が急速に増加することが予想されます。同時に医療資源への新たな負担となりそうです。
続きを読む

統合失調症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

統合失調症市場は非常に混戦状態です。主要な経口薬に対するジェネリック薬の参入を含め多数の抗精神病薬が存在し、新たな経口非定型抗精神病薬に加え、持続性注射剤(LAI)間の競争が激化しています。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search