skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

特発性肺線維症(IPF) | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

本レポートでは、進展しつつある特発性肺線維症市場を考察し、ピルフェニドン、ニンテダニブ、開発段階のFibroGenの静注投与型pamrevlumabの臨床的・商業的可能性を分析します。現在の特発性肺線維症治療状況を精査し、対応が急務となっている領域を特定します。さらにGalapagosの経口オートタキシン阻害薬GLPG-1690が特発性肺線維症の単独療法またはアドオン療法として承認された場合の、異なる市場シナリオを評価します。
続きを読む
Diabetic Nephropathy

糖尿病性腎症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGでは、糖尿病性腎症罹患数が増えるなか、高額な新たな薬剤の処方を希望する医師と、すでに高額医療費を要する患者に対する追加医療費の管理を希望する保険者のせめぎ合いが今後10年間の市場を形成すると予想しています。
続きを読む
Chimeric Antigen Receptor (CAR) T-Cell Therapy

CAR‐T細胞療法 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

本レポートでは、既存及び開発段階のキメラ抗原受容体(CAR)‐T細胞療法をあらゆるがん種において考察し、包括的な市場予測を行います。既存及び新たなCAR‐T細胞療法を巡る状況に関するオピニオンリーダー(KOL)の見解や洞察も収載しています。
続きを読む
Peripheral Arterial Disease

末梢動脈疾患 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

末梢動脈疾患(PAD)に特化して開発された薬剤はごくわずかで、選択肢にはここ数年ほとんど変化がありませんが、新たに数剤が開発段階にあります。当市場には深刻なニーズが存在することから、DRGでは診断率と治療率が高まれば、市場の大きな成長が見込めると予想しています。
続きを読む
Epilepsy

てんかん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGでは、主要7カ国におけるてんかん患者数を470万人と推定しています。(てんかん|Epidemiology 疫学)既存及び新たなブランド薬のマーケティング担当者にとっては、確立しているとはいえ発展を続けるこの市場の推移とニッチ機会の理解が重要です。
続きを読む
Dry And Wet Age-Related Macular Degeneration

萎縮型・滲出型加齢黄斑変性 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

滲出型加齢黄斑変性(AMD)市場は、当疾患で承認されているルセンティス、複数のがんで承認され、滲出型AMDに適応外使用されているアバスチン、他の2製品に代わって売上を伸ばしているアイリーアの3製品に独占されています。 新たに開発されている薬剤の大半は滲出型AMD患者を標的としていますが、萎縮型AMD患者を対象とした新たな薬剤の評価も進行中です。
続きを読む
Heart Failure

心不全 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

本レポートでは心不全(HF)市場における2017-2027年の期間中のEntrestoの使用、さらに2020年に予想されているHFpEFの効能追加について洞察します。新たな慢性心不全治療薬となる可能性のある数剤についても考察し、新製品の上市が見られない急性心不全市場がどのように進展しうるかを評価します。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search