skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

糖尿病性黄斑浮腫/糖尿病性網膜症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における糖尿病性黄斑浮腫(DME)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。糖尿病性黄斑浮腫市場では競争が激しいため、リアルワールドデータを用いて糖尿病性黄斑浮腫治療の現状を把握することが非常に重要です。
続きを読む
Crohn's Disease

クローン病(大人)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国におけるクローン病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。新規診断された患者に生物学的製剤を処方する医師が増えています。そのなかでもTNFα阻害薬(ヤンセン/メルクのレミケード、アッヴィ/エーザイのヒュミラ)が主流ですが、武田のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ)やヤンセンのステラーラなど新しい薬剤もシェアを拡大しつつあります。
続きを読む

クローン病(小児)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における小児クローン病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。小児クローン病治療では武田薬品のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ)、ヤンセンのステラーラなどTNF以外の生物学的製剤も市場シェアを伸ばしつつあります。
続きを読む
Type 2 Diabetes

2型糖尿病|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における2型糖尿病の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。DPP-IV阻害薬、SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬などによって医師の選択肢は広がり、新旧いずれのクラスにおいても多数のブランド薬がポジショニング確保をかけて競い合っています。
続きを読む

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)| ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

現在、NASH市場では開発段階の数製品、Intercept Pharmaceuticalのオベチコール酸、ギリアドのselonsertib、Genfitのelafibranor、アラガンのcenicrivirocなどがまず上市される見込みです。関心の高まりや新たな診断法が開発され、新たな薬剤が承認されるにつれ、診断、治療率は上昇し、市場全体の成長につながることが予想されます。
続きを読む

慢性閉塞性肺疾患(COPD)| ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

COPD市場は、LABA/ICS配合剤からLABA/LAMA配合剤、さらにはLABA/LAMA/ICSの3剤配合剤へと次第に移行しつつありますが、既存及び現在開発段階のジェネリック薬がこのトレンドに大きな影響を及ぼしそうです。
続きを読む
Multiple Myeloma

多発性骨髄腫 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

多発性骨髄腫市場では、サノフィ/ImmunoGenのisatuximab、OncopeptidesのYgalo、Karyopharm Therapeuticsのselinexor、Bluebird Bio/セルジーンのbb2121等の新たな薬剤が最初の承認に向けて開発を進めています。有効性を改善した、新規作用機序を有し、十分に治療を受けられていない患者群に対応できる薬剤には非常に大きな臨床的、商業的可能性があります。
続きを読む

喘息 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

喘息治療薬市場は、新たな生物学的製剤数製品の参入、吸入薬ブランドジェネリックやジェネリックの新規市場での発売、LABA/LAMA/ICS配合剤の発売も予想されるなど、今後10年間で大きな変化を迎えそうだとDRGでは予測しています。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search