skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch
Multiple Myeloma

多発性骨髄腫 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

多発性骨髄腫市場では、サノフィ/ImmunoGenのisatuximab、OncopeptidesのYgalo、Karyopharm Therapeuticsのselinexor、Bluebird Bio/セルジーンのbb2121等の新たな薬剤が最初の承認に向けて開発を進めています。有効性を改善した、新規作用機序を有し、十分に治療を受けられていない患者群に対応できる薬剤には非常に大きな臨床的、商業的可能性があります。
続きを読む

喘息 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

喘息治療薬市場は、新たな生物学的製剤数製品の参入、吸入薬ブランドジェネリックやジェネリックの新規市場での発売、LABA/LAMA/ICS配合剤の発売も予想されるなど、今後10年間で大きな変化を迎えそうだとDRGでは予測しています。
続きを読む
Pulmonary Hypertension

肺動脈性肺高血圧症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における肺動脈性肺高血圧症の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。多様な治療薬が用いられていますが、第一選択薬としてはホスホジエステラーゼ5(PDE-5)阻害薬とエンドセリン受容体拮抗薬(ERA)が最も広く処方され、有効性に優れたプロスタサイクリン製剤はその後の治療ラインで使用されています。ブランド薬の使用が圧倒的で、多くの場合は併用療法です。
続きを読む
Alzheimer's Disease

アルツハイマー病|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国におけるアルツハイマー病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートは全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、さらに、付随する別の保険請求データを用いてアルツハイマー病治療に用いられる神経精神病薬を細部まで深く検討します。
続きを読む
Ulcerative Colitis

潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における潰瘍性大腸炎の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。治療で使われる生物学的製剤のなかではTNFα阻害薬(ヤンセン/メルクのレミケード、アッヴィ/エーザイのヒュミラ)及びCAM阻害薬(武田のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ))が主流ですが、ファイザーのゼルヤンツ(初の経口Jak阻害薬)及びヤンセンのステラーラ(クローン病で承認、潰瘍性大腸炎で承認前段階)も現時点でのシェアはわずかながら、勢力を伸ばしつつあります。
続きを読む
Type 1 Diabetes

1型糖尿病 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGは、1型糖尿病治療薬市場は今後10年間で治療選択肢の数が増え、注目すべき点が非常に多いと考えています。バイオシミラーインスリンの発売は主要7カ国の1型糖尿病治療薬市場に大きな影響を与えており、その採用を巡る医師と保険者の意識や複雑な駆け引きが見受けられます。
続きを読む
Systemic Lupus Erythematosus

全身性エリテマトーデス|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における全身性エリテマトーデス(SLE)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、新規SLE治療薬を開発中の企業の他、既存の治療薬の製造者も取り上げ、現在のSLE治療薬の使用について深く考察し、市場動向を多角的に検討します。
続きを読む

小児の潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における潰瘍性大腸炎(小児)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。武田薬品のエンタイビオとファイザーのヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ゼルヤンツの2剤は小児患者の治療では承認されていませんが、TNF-α阻害薬に反応しなかった小児患者に対する治療選択肢は限定されていることから、医師はこれらの薬剤を最後の手段として使用する可能性があります。2剤の参入によって治療状況はさらに複雑なものとなりそうです。
続きを読む
Atrial Fibrillation

心房細動|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における心房細動の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、新規に診断された心房細動患者に対する治療パターン、治療ライン別患者シェア、治療薬の変更、治療期間、併用療法の選択に関する定量分析を行います。さらに、最近治療を受けた患者に関して、薬剤が処方される医療機関、薬剤の追加または変更のパターンを詳細に追求し、使用される薬剤の順序を数値化します。この他、各薬剤の治療継続率、服薬コンプライアンスについても分析します。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search