skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

小児の潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における潰瘍性大腸炎(小児)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。武田薬品のエンタイビオとファイザーのヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ゼルヤンツの2剤は小児患者の治療では承認されていませんが、TNF-α阻害薬に反応しなかった小児患者に対する治療選択肢は限定されていることから、医師はこれらの薬剤を最後の手段として使用する可能性があります。2剤の参入によって治療状況はさらに複雑なものとなりそうです。
続きを読む
Atrial Fibrillation

心房細動|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における心房細動の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、新規に診断された心房細動患者に対する治療パターン、治療ライン別患者シェア、治療薬の変更、治療期間、併用療法の選択に関する定量分析を行います。さらに、最近治療を受けた患者に関して、薬剤が処方される医療機関、薬剤の追加または変更のパターンを詳細に追求し、使用される薬剤の順序を数値化します。この他、各薬剤の治療継続率、服薬コンプライアンスについても分析します。
続きを読む

成長ホルモン分泌不全症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における成長ホルモン分泌不全症の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、成長ホルモン分泌不全症及びその他、遺伝子組換え型成長ホルモン剤の使用が承認されている疾患における処方パターンを多方面から検討します
続きを読む

全身性エリテマトーデス(SLE) |治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における全身性エリテマトーデス(SLE)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。全身性エリテマトーデス(SLE)は多臓器系に影響を与える複雑で慢性的な自己免疫疾患であり、主な治療法としてヒドロキシクロロキン、コルチコステロイド、および従来の免疫抑制薬があります。
続きを読む

強迫性障害(OCD):治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における強迫性障害(OCD)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析した。この調査の結果、米国では長期的投与が可能なジェネリックの投与、患者の多様性に対応するためのオフレーベル使用と併用投与が多く、ブランド品の新規で診断された患者への投与は非常に限られていることが分かった。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search