skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch
Idiopathic Pulmonary Fibrosis

特発性肺線維症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における特発性肺線維症(IPF)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートは、全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、現在の特発性肺線維症治療薬市場を深く掘り下げます。
続きを読む

痛風|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における痛風の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、尿酸低下薬の処方パターンを明らかにし、ジェネリックアロプリノールが圧倒する当市場における新たなブランド薬の使用状況を考察します。
続きを読む

糖尿病性黄斑浮腫/糖尿病性網膜症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における糖尿病性黄斑浮腫(DME)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。糖尿病性黄斑浮腫市場では競争が激しいため、リアルワールドデータを用いて糖尿病性黄斑浮腫治療の現状を把握することが非常に重要です。
続きを読む
Crohn's Disease

クローン病(大人)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国におけるクローン病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。新規診断された患者に生物学的製剤を処方する医師が増えています。そのなかでもTNFα阻害薬(ヤンセン/メルクのレミケード、アッヴィ/エーザイのヒュミラ)が主流ですが、武田のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ)やヤンセンのステラーラなど新しい薬剤もシェアを拡大しつつあります。
続きを読む

クローン病(小児)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における小児クローン病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。小児クローン病治療では武田薬品のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ)、ヤンセンのステラーラなどTNF以外の生物学的製剤も市場シェアを伸ばしつつあります。
続きを読む
Type 2 Diabetes

2型糖尿病|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における2型糖尿病の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。DPP-IV阻害薬、SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬などによって医師の選択肢は広がり、新旧いずれのクラスにおいても多数のブランド薬がポジショニング確保をかけて競い合っています。
続きを読む
Pulmonary Hypertension

肺動脈性肺高血圧症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における肺動脈性肺高血圧症の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。多様な治療薬が用いられていますが、第一選択薬としてはホスホジエステラーゼ5(PDE-5)阻害薬とエンドセリン受容体拮抗薬(ERA)が最も広く処方され、有効性に優れたプロスタサイクリン製剤はその後の治療ラインで使用されています。ブランド薬の使用が圧倒的で、多くの場合は併用療法です。
続きを読む
Alzheimer's Disease

アルツハイマー病|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国におけるアルツハイマー病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートは全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、さらに、付随する別の保険請求データを用いてアルツハイマー病治療に用いられる神経精神病薬を細部まで深く検討します。
続きを読む
Ulcerative Colitis

潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における潰瘍性大腸炎の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。治療で使われる生物学的製剤のなかではTNFα阻害薬(ヤンセン/メルクのレミケード、アッヴィ/エーザイのヒュミラ)及びCAM阻害薬(武田のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ))が主流ですが、ファイザーのゼルヤンツ(初の経口Jak阻害薬)及びヤンセンのステラーラ(クローン病で承認、潰瘍性大腸炎で承認前段階)も現時点でのシェアはわずかながら、勢力を伸ばしつつあります。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search