skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

小児の潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における潰瘍性大腸炎(小児)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。武田薬品のエンタイビオとファイザーのヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ゼルヤンツの2剤は小児患者の治療では承認されていませんが、TNF-α阻害薬に反応しなかった小児患者に対する治療選択肢は限定されていることから、医師はこれらの薬剤を最後の手段として使用する可能性があります。2剤の参入によって治療状況はさらに複雑なものとなりそうです。
続きを読む
Atrial Fibrillation

心房細動|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における心房細動の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、新規に診断された心房細動患者に対する治療パターン、治療ライン別患者シェア、治療薬の変更、治療期間、併用療法の選択に関する定量分析を行います。さらに、最近治療を受けた患者に関して、薬剤が処方される医療機関、薬剤の追加または変更のパターンを詳細に追求し、使用される薬剤の順序を数値化します。この他、各薬剤の治療継続率、服薬コンプライアンスについても分析します。
続きを読む

成長ホルモン分泌不全症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における成長ホルモン分泌不全症の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、成長ホルモン分泌不全症及びその他、遺伝子組換え型成長ホルモン剤の使用が承認されている疾患における処方パターンを多方面から検討します
続きを読む

特発性肺線維症(IPF) | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

本レポートでは、進展しつつある特発性肺線維症市場を考察し、ピルフェニドン、ニンテダニブ、開発段階のFibroGenの静注投与型pamrevlumabの臨床的・商業的可能性を分析します。現在の特発性肺線維症治療状況を精査し、対応が急務となっている領域を特定します。さらにGalapagosの経口オートタキシン阻害薬GLPG-1690が特発性肺線維症の単独療法またはアドオン療法として承認された場合の、異なる市場シナリオを評価します。
続きを読む

肥満/過体重 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

持続的な体重減少をもたらし、安全で忍容性が高く、手ごろな価格の抗肥満薬には巨大な市場機会が開かれています。ただし肥満人口が多いことから、たとえそのような薬剤が開発、承認されても、限りある医療費予算の管理上、保険者からの使用制限が予想されます。
続きを読む

シェ―グレン症候群 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

シェ―グレン症候群の治療においては、病理プロセスを推進すると考えられる主なパスウェイを標的とし、疾患修飾の可能性を持つ新たな薬剤が開発段階にあります、こうした疾患修飾薬の上市が実現すれば、今後のシェ―グレン症候群の管理は一変する可能性があります。しかしながら、この疾患は過去の例からも開発の非常に困難な領域といえます。
続きを読む
Type 1 Diabetes

1型糖尿病 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGは、1型糖尿病治療薬市場は今後10年間で治療選択肢の数が増え、注目すべき点が非常に多いと考えています。バイオシミラーインスリンの発売は主要7カ国の1型糖尿病治療薬市場に大きな影響を与えており、その採用を巡る医師と保険者の意識や複雑な駆け引きが見受けられます。
続きを読む

肥満/過体重 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

持続的な体重減少をもたらし、安全で忍容性が高く、手ごろな価格の抗肥満薬には巨大な市場機会が開かれています。ただし肥満人口が多いことから、たとえそのような薬剤が開発、承認されても、限りある医療費予算の管理上、保険者からの使用制限が予想されます。
続きを読む
Myelodysplastic Syndromes

MDS(骨髄異形成症候群) | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGは、骨髄異形成症候群パイプラインには有望な薬剤が数剤存在し、上市が期待され、低リスク、高リスク患者グループでの使用が高まることを予想しています。高リスク患者に対する新規薬剤の開発は特に困難で、調査に回答した専門医は、急性骨髄性白血病で承認された、または上市されている数製品、とりわけ特定の遺伝子異常を有する患者タイプを対象とした薬剤の臨床的可能性に強い期待を寄せています。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search