skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

高血圧管理デバイスの世界市場 | Medtech 360 | グローバル 【DRGレポート】

高血圧管理デバイスは、コントロール不良の高血圧患者に対する新たな治療の形です。この患者グループに対する効果的な血圧管理への潜在医療ニーズを踏まえると、一度製品が上市されればその有望な臨床試験データと高価な価格により、市場は急速に成長するとみられています。
続きを読む

サルコイドーシス | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

サルコイドーシスは、原因不明の炎症性疾患です。肉芽腫の組織浸潤が特徴で、最も多いのが肺及びリンパ節への浸潤ですが、皮膚、心臓、眼、肝臓及びその他の組織に及ぶ場合もあります。サルコイドーシス患者の多くは非進行性または治療なしに寛解を得ていますが、より重度の場合は臓器障害(肺線維症など)を起こし、薬物療法が必要となります。多くの場合は経口グルココルチコイドが用いられ...
続きを読む

過敏性腸症候群(IBS) | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

過敏性腸症候群(IBS)は慢性の消化管疾患で、腸管運動、便の固さ、排便頻度、切迫感等の変化が特徴です。通常、便秘型、下痢型、混合型の3つのサブタイプに区分されますが、本分析では下痢型の過敏性腸症候群(IBS-D)に焦点を当てます。治療選択肢は限られており、 IBS-Dを適応症としてFDA承認された薬剤はわずか数製品にすぎません。現在の治療には...
続きを読む

線維筋痛症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

線維筋痛症は複雑な疾患で、治療も困難です。患者によって病態が多様で、多くの場合併存疾患が見られ、疼痛、うつ、疲労、睡眠障害など多くの症状を伴います。線維筋痛症でFDA承認済みの薬剤(ファイザーのリリカ、アラガンのSavella、デュロキセチン[イーライリリーのサインバルタ、ジェネリック])の有効性は十分ではなく。。。
続きを読む

多発性硬化症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

多発性硬化症の新規診断及び最近治療を受けた患者における疾患修飾薬の現在の使用状況を明らかにし、治療期間及び薬剤の変更パターン、各薬剤の治療継続率やコンプライアンスなどを含め、各治療ラインを考察します。
続きを読む

【DRGレポート】多発性硬化症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

成熟しているが高利益が見込める多発性硬化症市場は、現在、複雑な治療アルゴリズムの移行が新規薬剤によって促進され、細分化が続く。ロシュ/ジェネンテック社のOcrevus(オクレリズマブ)により再発性MSでの競合が激化し、導入に関して長年続く議論が加熱化する。一方で、治療が不十分な進行性MS患者群の治療がOcrevusによって拡大される。
続きを読む

乾癬 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国【DRGレポート】

乾癬治療薬市場は、生物学的製剤の使用の増加によって、高収益の見込める市場になりつつあります。非常に効果的なIL-17及びIL-23阻害薬の導入によって腫瘍壊死因子(TNF)-α阻害薬及びインターロイキン(IL)-12/23阻害薬ウステキヌマブ(ヤンセンのステラーラ)の圧倒的地位が脅かされつつあります。
続きを読む
Idiopathic Pulmonary Fibrosis

特発性肺線維症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

米国における特発性肺線維症(IPF)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートは、全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、現在の特発性肺線維症治療薬市場を深く掘り下げます。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search