skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch
肥満介入デバイス市場レポート

肥満介入デバイス | Medtech 360 | 米国 【DRGレポート】

米国の肥満介入デバイス市場は、肥満人口の増加や、良好な臨床試験の結果および保険カバー率の改善による肥満減量手術の浸透により、2027年まで緩やかに成長すると見られています。本レポートでは、米国における肥満介入デバイス市場について、向こう10年間の包括的な分析を提供しています。
続きを読む

画像診断機器市場 | Medtech 360 | 米国 | 【DRGレポート】

米国における画像診断機器市場は、2027年まで緩やかに成長すると見られています。高齢人口の増加や、貧しいライフスタイルの様なリスクファクター、好ましい規制上の変更による新規技術の受け入れが成長を後押ししますが、大きな画像診断機器が飽和状態であること、加えて病院の統合が進んでいることが市場の成長を阻害するでしょう。
続きを読む

画像診断機器市場 | Medtech 360 | 欧州 | 【DRGレポート】

成熟した欧州の画像診断機器市場は、2028年まで中程度の成長が予想されます。デジタル化への流れや、平均販売価格の減少、高齢人口の増加による画像診断への需要の増加が新規テクノロジーの導入を後押ししますが、医療施設におけるコスト抑制が画像システム買い替えの遅れに繋がり、市場成長の妨げになるでしょう。
続きを読む

高血圧管理デバイスの世界市場 | Medtech 360 | グローバル 【DRGレポート】

高血圧管理デバイスは、コントロール不良の高血圧患者に対する新たな治療の形です。この患者グループに対する効果的な血圧管理への潜在医療ニーズを踏まえると、一度製品が上市されればその有望な臨床試験データと高価な価格により、市場は急速に成長するとみられています。
続きを読む

サルコイドーシス | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

サルコイドーシスは、原因不明の炎症性疾患です。肉芽腫の組織浸潤が特徴で、最も多いのが肺及びリンパ節への浸潤ですが、皮膚、心臓、眼、肝臓及びその他の組織に及ぶ場合もあります。サルコイドーシス患者の多くは非進行性または治療なしに寛解を得ていますが、より重度の場合は臓器障害(肺線維症など)を起こし、薬物療法が必要となります。多くの場合は経口グルココルチコイドが用いられ...
続きを読む

過敏性腸症候群(IBS) | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

過敏性腸症候群(IBS)は慢性の消化管疾患で、腸管運動、便の固さ、排便頻度、切迫感等の変化が特徴です。通常、便秘型、下痢型、混合型の3つのサブタイプに区分されますが、本分析では下痢型の過敏性腸症候群(IBS-D)に焦点を当てます。治療選択肢は限られており、 IBS-Dを適応症としてFDA承認された薬剤はわずか数製品にすぎません。現在の治療には...
続きを読む

線維筋痛症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

線維筋痛症は複雑な疾患で、治療も困難です。患者によって病態が多様で、多くの場合併存疾患が見られ、疼痛、うつ、疲労、睡眠障害など多くの症状を伴います。線維筋痛症でFDA承認済みの薬剤(ファイザーのリリカ、アラガンのSavella、デュロキセチン[イーライリリーのサインバルタ、ジェネリック])の有効性は十分ではなく。。。
続きを読む

多発性硬化症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】

多発性硬化症の新規診断及び最近治療を受けた患者における疾患修飾薬の現在の使用状況を明らかにし、治療期間及び薬剤の変更パターン、各薬剤の治療継続率やコンプライアンスなどを含め、各治療ラインを考察します。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search