skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch
膀胱がん治療、多様化の時代へ

膀胱がん治療、多様化の時代へ

最近、B細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)を対象としたCAR-T細胞療法について、新たに2つの長期追跡データが発表された。大方の予想通り結果は良好で、CAR-T細胞療法は小児と成人のALL患者にとって安全かつ持続性の高い治療選択肢であるとのエビデンスを示すものとなった。
続きを読む

人工膵臓の未来

糖尿病の治療では、クローズド・ループ・システム、いわゆる人工膵臓の開発が究極の目標となっている。世界中の何百万という糖尿病患者にとって希望の星であるとともに、企業にとっては市場で頂点を極めるために実現しなければならないシステムとなっている。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search