skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

【ホワイトペーパー】2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックス:欧州医療機器規則(MDR)

2017年に欧州理事会と欧州議会によって承認された欧州医療機器規則(MDR)が施行され、移行期間を経て2020年5月より適用されることになる。1990年代初頭から施行されていた既存の医療機器指令(MDD)の弱点を補い、商品化されるすべての医療機器の安全性と有効性を高めることを主な目標としている。本ホワイトペーパーでは、既存のMDDの弱点について触れ、新たなMDR施行の経緯を述べ、予想される移行スケジュール、最も重要な変更点と予想される医療機器市場への影響を説明する。
続きを読む

2020年、フォーミュラリーから32の医薬品を削除する米薬剤給付管理会社

米国の薬剤給付管理会社(PBM)エクスプレス・スクリプツは2020年、複数のメーカーが供給する10のブランド薬と、1社供給の22のブランド薬、あわせて32の薬剤をフォーミュラリーから削除する。ちなみに、同社は2019年にも50の薬剤を削除している。削除される複数社供給のブランド薬には安価な後発医薬品があり、エクスプレス・スクリプツのフォーミュラリーを利用する雇用主は、38億ドルの経費を削減できる見通しだ。
続きを読む

欧州における画像診断システム市場 – 多様化する企業戦略

欧州の画像診断システム市場の原動力として2つの人口動態的特徴が挙げられます。一つ目は高齢化です。ドイツとイタリアでは65歳以上の年齢層が人口の21%以上、フランス、スペイン、英国でも18%以上を占めています(世界銀行、2018)。二つ目は肥満です。欧州における肥満の有病率は米国ほどではないものの、肥満人口も増加傾向にあり、ドイツと英国では人口のほぼ25%が肥満と分類されています(経済協力開発機構(OECD)、2017)。
続きを読む

メンタルヘルス・依存症に対するデジタルセラピューティクスの動向

メンタルヘルスや依存症治療のオプションとしてデジタルセラピューティクスが注目を集めている。ケアの不足を補い、医療提供者の負担を減らし、治療薬の効果を高める可能性があることから、患者、医療提供者、保険会社、そして製薬企業がその将来性に期待している。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search