skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

包括支払いに向けた「ヘルスケアブレイン」の構築―AIと患者データの連携

医療業界では今後、AIの重要性が高まりそうだ。電子カルテ(EMR)の実現で競争は加熱しており、この変革でモチベーションを高めたプロバイダーは今後、より大きなリスクをとってこの分野を強化してくるだろうとDecision Resources Groupは予測している。
続きを読む

【講演資料配布開始】ジャパンライフサイエンスウィーク2019でDRG Japanの前田がデジタルヘルスの展望に関して講演を致しました

ジャパンライフサイエンスウィーク2019でDRG Japanの前田がデジタルヘルスの展望に関して講演を致しました AI、ウェアラブル端末とセンサー、チャットボット、ゲーミフィケーションなどのアプリケーションは今後のライフサイエンス業界にどのような影響を及ぼすのか?10個のポイントに関して講演を致しました。
続きを読む

フォーミュラリーからスペシャリティ医薬品を除外―薬剤コストの抑制につながるのか

エクスプレス・スクリプツとCVSケアマークの大手PBM2社は今年、それぞれ50と23の薬剤と米国内最大のフォーミュラリーから除外した。両社は毎年、フォーミュラリーから外す薬剤のリストを公表しているが、この記事では2019年の動きについて、ポイントをまとめる。
続きを読む

NASH開発競争でトップに躍り出たオベチコール酸 検討されるべき3つの課題|

米インターセプトは、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)に対する薬剤として、史上初めて臨床第3相(P3)試験でポジティブな結果を出したと主張できる企業になった。同社のobeticholic acidがP3試験「REGENERATE」で線維化を1ステージ以上改善させたのは、目覚ましいブレークスルーと言える。ただ、検討されるべき課題もいくつかある。
続きを読む

【骨粗しょう症】イベニティ 日本で承認、米で承認勧告―骨粗しょう症治療薬 市場はどうなる

米FDAの諮問委員会は、アムジェン/UCB/アステラス製薬の骨粗鬆症治療薬「イベニティ」の承認を勧告した。まだ確定ではないが、FDAは米国でのイベニティの販売を承認するようだ。承認されれば今年1月の日本に続くもの。2016年7月の米国申請からおよそ2年半越しの朗報に、アムジェンとUCB、そしてアステラスの社内では歓声が上がったことだろう。「イベニティ」の承認は、市場にどんな影響を与えるのでしょうか?
続きを読む

3月18日「ジャパンライフサイエンスウィーク2019」のオンコロジーコンファレンス2019にオンコロジー部門のアナリストKhurram Nawazが来日、講演を致しました

「ジャパンライフサイエンスウィーク2019」に弊社オンコロジー部門からKhurram Nawazが来日、講演を致します。DRGからジャパンライフサイエンスウィーク2019に参加するのは今回が初めてとなりますが、日本で開催される最大級のライフサイクルの総合展に参加することとても楽しみにいたしております。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search