skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

患者は医療技術評価(HTA)の犠牲者になってしまうのか

米国の医療が抱える課題が厳しさを増す中、薬価をめぐる問題に一般市民からも政策立案者からも大きな注目が集まっている。悩ましいのは、医薬品の価格が、医薬品メーカーにとっては報酬である一方、保険者にとっては価値の対価である、という点だ。問題をより難しくしているのが、複雑怪奇な米国の医療システム.....
続きを読む

押さえておきたいマイクロバイオーム治療の基本

人のマイクロバイオームを構成する要素は、細菌、真菌、バクテリオファージ、ウイルスなど多岐にわたり、個人によっても、そして腸、皮膚、鼻孔といった身体部位によっても異なる。マイクロバイオームとその宿主は絶えず影響し合い、通常は協調的に共存している。しかし、マイクロバイオームの恒常性が破綻すると、宿主に病変が生じる可能性があり、逆に宿主の病変がマイクロバイオームのバランスを崩すこともある。
続きを読む

【中国】高品質の後発医薬品を手頃な価格で…中国で始まった「4+7計画」

「DRG海外レポート」。今回は、中国で進む後発医薬品の調達システム改革「4+7計画」について解説。 中国では、医療システムをめぐる規制と医療費償還の方策について、大規模な改革が進められている。欧米諸国で開発される新薬の多くは、承認の壁に阻まれ、成長が続く中国市場に届いていない。
続きを読む

【デジタルヘルス】デジタルヘルスは医療従事者の負担を増やすのか、減らすのか?製薬企業が考えるべきこととは?

WHO(世界保健機関)は、遠隔医療技術に注目しており、医療システムへの最適な導入方法を検討している。先月公表された医療システムの強化に向けたデジタル介入に関する推奨事項という最新のガイドラインでは...
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search