skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

Katsanos studyの結果は日本の末梢血管用デバイス市場に影響を与えるのか?

日本の末梢血管用デバイス市場は、末梢動脈疾患(PAD)患者数が多く、今後も増加が予想されることに加え、新たな次世代製品が登場しつつあることから、予測期間中、ある程度の成長が見込まれます。ただし欧米市場に比べると承認される製品が少ない点がマイナス要因といえそうです。
続きを読む

新たなCAR-T細胞療法「liso-cel」 キムリア、イエスカルタとの差別化の戦略は

CD19をターゲットとする2種類のCAR-T細胞療法(カイト/ギリアドの「イエスカルタ」とノバルティスの「キムリア」)が使えるようになり、再発・難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の治療は大きく変化した。これら2つの新たな治療法の有効性は素晴らしいが、一方で重大な副作用やロジスティクスの問題、保険償還の遅れなどが障害となり、必要な患者に十分提供しきれていない状態にある。
続きを読む

【ホワイトペーパー】2020年メディカルデバイス市場で注目するべき6つトピックス:欧州医療機器規則(MDR)

2017年に欧州理事会と欧州議会によって承認された欧州医療機器規則(MDR)が施行され、移行期間を経て2020年5月より適用されることになる。1990年代初頭から施行されていた既存の医療機器指令(MDD)の弱点を補い、商品化されるすべての医療機器の安全性と有効性を高めることを主な目標としている。本ホワイトペーパーでは、既存のMDDの弱点について触れ、新たなMDR施行の経緯を述べ、予想される移行スケジュール、最も重要な変更点と予想される医療機器市場への影響を説明する。
続きを読む

2020年、フォーミュラリーから32の医薬品を削除する米薬剤給付管理会社

米国の薬剤給付管理会社(PBM)エクスプレス・スクリプツは2020年、複数のメーカーが供給する10のブランド薬と、1社供給の22のブランド薬、あわせて32の薬剤をフォーミュラリーから削除する。ちなみに、同社は2019年にも50の薬剤を削除している。削除される複数社供給のブランド薬には安価な後発医薬品があり、エクスプレス・スクリプツのフォーミュラリーを利用する雇用主は、38億ドルの経費を削減できる見通しだ。
続きを読む

画像診断機器市場 | Medtech 360 | 米国 | 【DRGレポート】

米国における画像診断機器市場は、2027年まで緩やかに成長すると見られています。高齢人口の増加や、貧しいライフスタイルの様なリスクファクター、好ましい規制上の変更による新規技術の受け入れが成長を後押ししますが、大きな画像診断機器が飽和状態であること、加えて病院の統合が進んでいることが市場の成長を阻害するでしょう。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search