skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

小さな患者集団を正確に把握し、理解するには|DRG海外レポート

近年、医薬品の高度化とターゲットの絞り込みが進んだことで、多くの新しい治療法は―希少疾患であれ、一般的な疾患であれ―より小さい患者集団を対象とするようになってきている。特定のバイオマーカーをキーに新薬開発を行うバイオテクノロジー企業も数多く誕生しており、ニッチな適応症を…
続きを読む

コロナ禍でも過去最高を更新するバイオファーマへの投資

バイオテック企業の今年の業績は、ほかの多くの業界と比べて好調だ。コロナ禍の中、バイオ医薬品企業は研究開発のリソースを総動員してこの感染症に挑むとともに、記録的な資金調達や新薬の発売、治験への影響の最小化にも成功している。実際、新型コロナウイルスワクチンの開発は異例の速さで…
続きを読む

拡大する「リキッドバイオプシー」の市場

リキッドバイオプシーは、血液、唾液、尿などの体液から単離した物質をシークエンシングする検査だ。この手法は、侵襲的な手技で組織を採取する方法に比べて、低侵襲で頻回に行うことができ、費用対効果も高い。治療法を選択するために行うリキッドバイオプシー検査では…
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search