skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

患者は医療技術評価(HTA)の犠牲者になってしまうのか

米国の医療が抱える課題が厳しさを増す中、薬価をめぐる問題に一般市民からも政策立案者からも大きな注目が集まっている。悩ましいのは、医薬品の価格が、医薬品メーカーにとっては報酬である一方、保険者にとっては価値の対価である、という点だ。問題をより難しくしているのが、複雑怪奇な米国の医療システム.....
続きを読む

押さえておきたいマイクロバイオーム治療の基本

人のマイクロバイオームを構成する要素は、細菌、真菌、バクテリオファージ、ウイルスなど多岐にわたり、個人によっても、そして腸、皮膚、鼻孔といった身体部位によっても異なる。マイクロバイオームとその宿主は絶えず影響し合い、通常は協調的に共存している。しかし、マイクロバイオームの恒常性が破綻すると、宿主に病変が生じる可能性があり、逆に宿主の病変がマイクロバイオームのバランスを崩すこともある。
続きを読む

小児の潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における潰瘍性大腸炎(小児)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。武田薬品のエンタイビオとファイザーのヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ゼルヤンツの2剤は小児患者の治療では承認されていませんが、TNF-α阻害薬に反応しなかった小児患者に対する治療選択肢は限定されていることから、医師はこれらの薬剤を最後の手段として使用する可能性があります。2剤の参入によって治療状況はさらに複雑なものとなりそうです。
続きを読む
Atrial Fibrillation

心房細動|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における心房細動の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、新規に診断された心房細動患者に対する治療パターン、治療ライン別患者シェア、治療薬の変更、治療期間、併用療法の選択に関する定量分析を行います。さらに、最近治療を受けた患者に関して、薬剤が処方される医療機関、薬剤の追加または変更のパターンを詳細に追求し、使用される薬剤の順序を数値化します。この他、各薬剤の治療継続率、服薬コンプライアンスについても分析します。
続きを読む

成長ホルモン分泌不全症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における成長ホルモン分泌不全症の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、成長ホルモン分泌不全症及びその他、遺伝子組換え型成長ホルモン剤の使用が承認されている疾患における処方パターンを多方面から検討します
続きを読む

【中国】高品質の後発医薬品を手頃な価格で…中国で始まった「4+7計画」

「DRG海外レポート」。今回は、中国で進む後発医薬品の調達システム改革「4+7計画」について解説。 中国では、医療システムをめぐる規制と医療費償還の方策について、大規模な改革が進められている。欧米諸国で開発される新薬の多くは、承認の壁に阻まれ、成長が続く中国市場に届いていない。
続きを読む

【デジタルヘルス】デジタルヘルスは医療従事者の負担を増やすのか、減らすのか?製薬企業が考えるべきこととは?

WHO(世界保健機関)は、遠隔医療技術に注目しており、医療システムへの最適な導入方法を検討している。先月公表された医療システムの強化に向けたデジタル介入に関する推奨事項という最新のガイドラインでは...
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search