skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

コロナ禍の米国で進むフォーミュラリーからの新薬除外

不足が懸念された後発医薬品から、新型コロナウイルス感染症に対する新規の薬剤にいたるまで、今回のパンデミックが薬剤給付に大きな影響を与えていることは疑いようがない。ペイヤーは、フォーミュラリーからの除外という戦略によって、大幅なコスト削減と薬剤へのアクセスの提供を図り…
続きを読む

PBMの動向:スペシャリティ薬の使用管理が薬剤支出を左右する

薬剤給付管理会社(PBM)の動向に関するレポート(2019年)によると、大手のエクスプレス・スクリプツとCVSケアマークが強力な市場コントロールを進めた一方、プライム・セラピューティクスは薬価の高騰に効果的な対応を打ち出すことができなかった。薬剤の価格は…
続きを読む

米国ビッグデータ解析をお助け:3億人以上の保険請求データと1憶人分のEHRデータ

弊社では3億人以上の保険請求データ、200万人の医療従事者、メディケア・メディケイド・民間保険会社含む98%のペイヤー、1憶人分のEHRデータを保有しており、疾患アナリスト・マーケットスペシャリストおよびデータサイエンティストが複雑なデータを解析し、有益な情報を提供します…
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search