skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

メンタルヘルス・依存症に対するデジタルセラピューティクスの動向

メンタルヘルスや依存症治療のオプションとしてデジタルセラピューティクスが注目を集めている。ケアの不足を補い、医療提供者の負担を減らし、治療薬の効果を高める可能性があることから、患者、医療提供者、保険会社、そして製薬企業がその将来性に期待している。
続きを読む

高血圧管理デバイスとして期待される「腎デナベーション」の行方

高血圧管理デバイスとしてメドトロニックやリコー・メディカルなどが治験を進め再び注目が集まる「腎デナベーション」の市場を展望する。血圧の管理治療の選択肢には、生活習慣の改善、降圧薬、医療機器がある。米国で行われた腎デナベーションの「SYMPLICITY-HTN 3試験」で有意差が示されなかったことを受け、主な高血圧管理用デバイス企業は。。。。
続きを読む

ノバルティスが離脱してもデジタルセラピューティクスの未来は揺るがない

デジタルセラピューティクスの対価は誰が払うのか。この最大に問いに答えは出ていない。ディベロッパーは、消費者に直接販売する形や、行政・雇用主・保険会社と連携する形など、さまざまなモデルを模索している。中でも、製薬企業と提携するモデルでは、デジタルセラピューティクスが従来型の治療薬を強化する役割を果たし、それが患者の転帰の改善につながれば...
続きを読む

新薬に迅速アクセスの道を開く スコットランド「暫定収載」の取り組み

最近、B細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)を対象としたCAR-T細胞療法について、新たに2つの長期追跡データが発表された。大方の予想通り結果は良好で、CAR-T細胞療法は小児と成人のALL患者にとって安全かつ持続性の高い治療選択肢であるとのエビデンスを示すものとなった。
続きを読む

細胞治療・遺伝子治療 アクセスと償還の5つの重要戦略とは

最近、B細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)を対象としたCAR-T細胞療法について、新たに2つの長期追跡データが発表された。大方の予想通り結果は良好で、CAR-T細胞療法は小児と成人のALL患者にとって安全かつ持続性の高い治療選択肢であるとのエビデンスを示すものとなった。
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search