skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

WHO必須医薬品リストの改訂が意味するもの

最近、B細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)を対象としたCAR-T細胞療法について、新たに2つの長期追跡データが発表された。大方の予想通り結果は良好で、CAR-T細胞療法は小児と成人のALL患者にとって安全かつ持続性の高い治療選択肢であるとのエビデンスを示すものとなった。
続きを読む

多忙な医師…減少するMRの訪問、非対人型プロモーションも低調

最近、B細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)を対象としたCAR-T細胞療法について、新たに2つの長期追跡データが発表された。大方の予想通り結果は良好で、CAR-T細胞療法は小児と成人のALL患者にとって安全かつ持続性の高い治療選択肢であるとのエビデンスを示すものとなった。
続きを読む

安価な医薬品の輸入へと動く米国

最近、B細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)を対象としたCAR-T細胞療法について、新たに2つの長期追跡データが発表された。大方の予想通り結果は良好で、CAR-T細胞療法は小児と成人のALL患者にとって安全かつ持続性の高い治療選択肢であるとのエビデンスを示すものとなった。
続きを読む

リアルワールドデータでみる米国の三叉神経痛の治療実態【DRGレポート】

ディシジョンリソースが、2019年8月に、「三叉神経痛 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析」では、リアルワールドを解析し、米国における三叉神経痛に関する治療実態を明らかにしている。この最新レポートでは米国における三叉神経痛の治療の実態を調査するためリアルワールドデータを用い、診断後の治療までの時間から、新規薬物療法の使用薬剤の詳細、単独療法、併用療法の実態、コンプライアンス、そして1年後の患者の状態と治療薬に関して詳細に調査を加えた。
続きを読む

多発性硬化症、診断されるも薬物治療開始は3割程度。米国リアルワールドデータで明らかになるMS治療市場

ディシジョンリソースでは、リアルワールドを解析し、米国における多発性硬化症(MS)の治療実態を明らかにした。今回の調査では、米国での最新のリアルワールドデータを用いて新規診断及び最近治療を受けた患者における多発性硬化症の疾患修飾薬の現在の使用状況を明らかにし、治療期間及び薬剤の変更パターン、各薬剤の治療継続率やコンプライアンスなどを含め、各治療実態を考察した
続きを読む
Back To Top
×Close search
Search