skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【8/24〜8/28】

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【8/24〜8/28】

2020年8月24日(月)

武田 OTC子会社をブラックストーンに売却、約2400億円で

武田薬品工業は8月24日、OTC子会社の武田コンシューマーヘルスケア(TCHC)を米投資ファンドのブラックストーンに売却すると発表した。売却額はTCHCの企業価値2420億円に、純有利子負債などを調整して決定するとされ、武田は約1400億円の株式売却益を見込む。売却は来年3月31日に完了する予定。ブラックストーンはTCHC従業員の雇用を継続する意向という。武田のクリストフ・ウェバー社長は「売却は決して(シャイアー買収で上昇した)レバレッジの低下を加速させるための取り組みではなく、TCHCの成長を加速させるために慎重に検討を重ねた結果の苦渋の決断だ」などとするコメントを発表した。

アステラス フィットネスサービスを神奈川で9月から開始

アステラス製薬は8月24日、横浜市、横浜市大との産学連携で開発した科学的根拠に基づくフィットネスサービス「Fit-eNce(フィットエンス)」を9月1日から神奈川県内のフィットネスクラブで開始すると発表し、同日から予約受け付けを開始した。サービスでは、医師の紹介を受けた2型糖尿病などの患者が、専用のスマートフォンアプリで利用を申請。医師の承認を得た後、提携フィットネスクラブで運動を開始する。フィットネスクラブでは、スポーツトレーナ―が患者の年齢や筋力、体力に合わせた運動プログラム(有酸素運動とレジスタンス運動)を提案。患者の運動記録は、アプリを通じて医師に共有される。

日本ケミファとサスメド、共同開発を目指し資本業務提携

医療用アプリの開発・研究開発支援を行うサスメドは8月24日、日本ケミファと資本業務提携したと発表した。サスメドはすでに日本ケミファと業務委託契約を結び、AI自動分析システムを提供しているが、今後は特定の疾患領域テーマに対する分析を実施するとともに、研究開発の進展に応じて臨床試験を共同で行うことについて協議。将来的には、サスメドのデジタル医療基盤を応用した新規事業の可能性を検討する。

サスメドはまた、住友商事とも資本業務提携を結び、医療用アプリの普及・拡大に向けた協業を開始。開発中のアプリの海外導出も検討する。

ヤンセン、IBD患者向けに治療と仕事の両立支援ツールを提供

ヤンセンファーマは8月24日、炎症性腸疾患患者(IBD)向けに、治療と仕事の両立をサポートする「病と仕事 両立サポートブック」の無償提供を開始したと発表した。IBDは指定難病の中で患者数が最も多い一方、疾患認知が低いといわれており、ツールを通して職場での疾患理解やコミュニケーションを促進する。

 

2020年8月25日(火)

東邦HD リモートディテーリングのエンタッチと資本提携

リモートディテーリングを手掛けるエンタッチは8月25日、東邦ホールディングス(HD)と資本提携したと発表した。東邦HDが持つ医療機関への接点と、エンタッチのオンライン情報提供のノウハウを組み合わせ、製薬・医療機器メーカーに対して新たなプロモーション受託モデルを提供する。

大正製薬、東工大発ベンチャーaiwellに出資

東京工業大発ベンチャーのaiwellは8月25日、大正製薬を割当先とする第三者割当増資を行ったと発表した。aiwellは、東工大生命理工学院の林宣宏准教授が発明した「AIプロテオミクス」の研究開発と実用化、社会実装を推進している。AIプロテオミクスは、血中タンパク質の画像データをAI(人工知能)が学習することで、病気や怪我の一歩手前の状態を発見する技術。診断や遠隔診療、創薬の支援に応用できると期待される。

「DX銘柄2020」医薬品業界からは中外製薬

経済産業省と東京証券取引所は8月25日、「デジタルトランスフォーメーション(DX)銘柄2020」として、DXを推進している上場企業35社を選定したと発表した。医薬品業界からは、今年3月に2030年までのDX戦略「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」を発表した中外製薬が選ばれた。DX銘柄は、上場企業約3800社を▽ビジネス変革▽戦略的取り組み▽経営者のリーダーシップ――の観点で評価。経産省と東証は、DX銘柄には選ばれなかったものの総合評価が高かった「DX注目企業2020」(21社)も発表し、医薬品業界からは大日本住友製薬が選ばれた。

 

2020年8月26日(水)

ノバルティス 新薬4製品を発売、心不全薬「エンレスト」など

ノバルティスファーマは8月26日、慢性心不全治療薬「エンレスト錠」(一般名・サクビトリルバルサルタンナトリウム水和物)や抗がん剤「タブレクタ錠」(カプマチニブ塩酸塩水和物)など新薬4製品を発売したと発表した。

エンレストは、アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI)で、大塚製薬と共同でプロモーションを展開。ピーク時に141億円の売り上げを見込む。タブレクタは「MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発非小細胞肺がん」が対象。ピーク時の売上高は27億円と予測している。発売したのはこのほか、気管支喘息治療薬「エナジア」(インダカテロール酢酸塩/グリコピロニウム臭化物/モメタゾンフランカルボン酸エステル)と同「アテキュラ」(インダカテロール酢酸塩/モメタゾンフランカルボン酸エステル)。それぞれピーク時に251億円と82億円の売り上げを見込んでいる。

中外「エンスプリング」発売

中外製薬は8月26日、同社独自のリサイクリング抗体技術を初めて適用した抗IL-6レセプター抗体「エンスプリング皮下注」(サトラリズマブ)を発売したと発表した。適応は「視神経脊髄炎スペクトラム障害(視神経脊髄炎を含む)の再発予防」。薬価は1シリンジ153万2660円で、ピーク時に54億円の売上高を予測している。

田辺三菱、腎性貧血治療薬「バフセオ」を発売

田辺三菱製薬は8月26日、腎性貧血治療薬のHIF-PH阻害薬「バフセオ錠」(バダデュスタット)を発売したと発表した。保存期と透析期のいずれにも使用可能。扶桑薬品工業とコ・プロモーションを行う。薬価は▽150mg1錠213.50円▽300mg1錠376.20円――で、ピーク時の売上高予測は141億円。

GSK 腎性貧血治療薬「ダーブロック」発売

グラクソ・スミスクラインは8月26日、腎性貧血治療薬「ダーブロック錠」(ダプロデュスタット)を発売したと発表した。同薬はHIF-PH阻害薬で、保存期と透析期の両方が対象となる。同薬が発売されるのは世界で初めて。薬価は▽1mg1錠105.40円▽2mg1錠185.80円▽4mg1錠327.40円▽6mg1錠456.10円――で、ピーク時に111億円の売り上げを見込む。販売と流通は提携先の協和キリンが実施。プロモーションも同社が行い、MSL活動は両社で行う。

小野薬品 パーキンソン病治療薬「オンジェンティス」発売

小野薬品工業は8月26日、パーキンソン病治療薬「オンジェンティス錠」(オピカポン)を発売したと発表した。ポルトガルのバイアル社から導入した第3世代のカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ(COMT)阻害薬。レボドパ・カルビドパまたはレボドパ・ベンセラジド塩酸塩との併用で、パーキンソン病のウェアリング・オフ現象を改善する。薬価は1錠972.00円。ピーク時に44億円の売り上げを予測している。

LINK-J、英オックスフォード大の産学連携機関と提携

ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)は8月26日、英オックスフォード大の産学連携機関オックスフォード・ユニバーシティー・イノベーションと提携に関する覚書を締結したと発表した。ライフサイエンス分野での研究成果の産業化を推進するため、今後5年間にわたって協力関係を構築する。

「グラナテック」タイで承認

興和は8月26日、緑内障・高眼圧症治療薬「グラナテック」(リパスジル塩酸塩水和物)がタイで承認されたと発表した。適応は「開放隅角緑内障・高眼圧症」。同薬は興和が世界戦略品と位置付けるRhoキナーゼ阻害薬で、承認は5カ国目。タイでは自社販売を行う。

カルナバイオ BTK阻害薬「AS-0871」初の臨床試験開始

カルナバイオサイエンスは8月25日、炎症性免疫疾患を対象に開発している自社創製のBTK阻害薬「AS-0871」の臨床第1相(P1)試験を開始したと発表した。同社初の臨床試験となるP1試験は、オランダで最大64人の健康成人を対象に実施。中間結果は来年前半を予定している。

三和化学、二次性副甲状腺機能亢進症治療薬を申請

三和化学研究所は8月25日、二次性副甲状腺機能亢進症治療薬ウパシカルセトナトリウム水和物(開発コード・SK-1403)を申請したと発表した。同薬は味の素製薬(現EAファーマ)が創製。2014年のライセンス契約で、三和化学が国内での独占的開発・販売権を獲得した。

 

2020年8月27日(木)

アムジェン、片頭痛予防薬エレヌマブの小児向けP3試験を国内で開始へ

アムジェンは8月27日、片頭痛予防薬の抗CGRP受容体抗体エレヌマブについて、小児を対象とするグローバル臨床第3相(P3)試験で日本人患者の組み入れを始めたと発表した。試験は反復性片頭痛(EM)を対象とする試験と、慢性片頭痛(CM)を対象とする試験で構成されており、主要評価項目は12歳~18歳の患者の投与3カ月目での月間片頭痛日数のベースラインからの変化。同薬は米欧ですでに承認されており、国内では成人を対象とした開発が先行して進んでいる。

DWTI・メドレックス、米国でリドカインテープ剤を申請

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(DWTI)とメドレックスは8月27日、共同開発している帯状疱疹後の神経疼痛治療薬「MRX-5LBT/DW-5LBT」を米国で申請したと発表した。同薬はメドレックスの技術を使った新規のリドカインテープ剤。先行するパップ剤より皮膚刺激性が少なく、運動時でも粘着力が持続すると期待されている。

JCRファーマ、ライソゾーム病治療薬をブラジルで展開へ

JCRファーマは8月26日、ライソゾーム病治療薬のグローバル展開として、ブラジルでの事業展開を正式に決めたと発表した。今年11月にムコ多糖症Ⅱ型(ハンター症候群)治療薬「JR-141」の申請を予定しており、2021年中の承認取得を見込んでいる。このほか、ムコ多糖症Ⅰ型(ハーラー症候群など)治療薬「JR-171」のP1/2試験を日米とブラジルで計画中。ブラジルでの薬事申請と販売を統括・管理する目的で子会社ジョタ・セ・エヒ・ド・ブラジルを設立しており、同社を拠点に販売と開発を進める。

 

 

2020年8月28日(金)

19年度の概算医療費、1兆円増の43.6兆円

厚生労働省は8月28日、2019年度の概算医療費が前年度比1兆円増(2.4%増)の43.6兆円となったと発表した。診療種類別に見ると、入院が17.6兆円(前年度比2.0%増)、入院外が14.9兆円(2.0%増)、歯科が3.0兆円(1.9%増)、調剤が7.7兆円(3.6%増)。概算医療費は、労災や全額自費診療の費用などは含まない。医療機関などを受診して治療にかかった費用全体の推計値である国民医療費の約98%に相当する。

CACクロアとマイシン、バーチャル治験の受託を開始

CACクロアとMICINは8月28日、オンライン診療機能付きバーチャル臨床試験システムを使った臨床試験業務の受託を始めたと発表した。MICINが開発したバーチャル臨床試験システム「MiROHA」を活用し、CACクロアが周辺業務に対応する。

生化学、カナダで新型コロナワクチン治験薬を製造

生化学工業は8月28日、カナダの子会社ダルトン・ケミカルラ・ボラトリーズが、同国サスカチュワン大の研究機関VIDO-InterVacと新型コロナウイルスワクチンの製造で業務提携すると発表した。ダルトンは、同研究機関が開発したワクチンの治験薬の調合、充填、製剤を担う。VIDO-InterVecは今年10~12月ごろの臨床試験開始を目指している。

 


Back To Top
×Close search
Search