skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【8/3~8/7】

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【8/3~8/7】

2020年8月3日(月)

大日本住友、糖尿病管理指導アプリの治験を開始

大日本住友製薬は8月3日、Save Medical(東京都中央区)と2型糖尿病管理指導用モバイルアプリケーションの共同開発契約を結び、国内で治験を開始したと発表した。同アプリは、患者の自己管理をサポートすることで行動変容を促し、臨床的指標の改善を目指すデジタルセラピューティクスで、医師の指導下で使われる。治験では有効性と安全性を評価。2022年度中に医療機器プログラムとしての承認取得を目指している。大日本住友は開発費用の一部を負担する。

杏林、米オトノミーに感音難聴治療薬を導出

キョーリン製薬ホールディングスは8月3日、子会社・杏林製薬が創製した感音難聴を対象とする新規候補化合物について、米オトノミーとラインセンス契約を結んだと発表した。全世界での同薬の開発、製造、販売に関する独占的権利を供与し、対価として契約一時金とマイルストン、販売後のロイヤリティを受け取る。同薬は、損傷した有毛細胞を再生して聴力回復を促す薬剤。オトノミーの耳科用の薬物送達技術を組み合わせることで、内耳への持続的な放出が実現できると期待される。杏林は日本での販売権を留保している。

武田、シャイアー・ジャパンを吸収合併

武田薬品工業は8月3日、子会社シャイアー・ジャパンを今年10月1日に吸収合併すると発表した。昨年1月のシャイアー統合完了を受けた子会社再編の一環で、経営の効率化とシナジーの最大化を目指す。

ブリストル日本法人、セルジーンと来年統合

米ブリストル・マイヤーズスクイブの日本法人は8月3日、昨年11月に買収した米セルジーンの日本法人を2021年に統合すると発表した。翌22年上半期には、東京都新宿区にある日本法人本社を、今年2月に完成した東京・大手町の複合ビル「Otemachi One タワー」に移転する。

EFPIAジャパン 新会長にバイエル薬品のプリンツ社長

EFPIAジャパン(欧州製薬団体連合会)は7月31日、新会長にバイエル薬品代表取締役社長のハイケ・プリンツ氏が就任すると発表した。就任は8月1日付。トーステン・ポール前会長はベーリンガーインゲルハイム社内の異動に伴って退任した。副会長(2人)には、ノバルティスファーマの綱場一成社長が留任し、新たにサノフィの岩屋孝彦社長が就いた。

 

2020年8月4日(火)

武田、アッヴィなどと新型コロナ治療薬の臨床試験を開始

武田薬品工業は8月4日、米アッヴィ、同アムジェンとともに、高流量酸素療法を必要とする新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症入院患者を対象に3種類の薬剤の臨床試験を始めたと発表した。薬剤は、武田のブラジキニンB2受容体拮抗薬「フィラジル」(一般名・イカチバント)、アッヴィのCCR2/CCR5拮抗薬cenicriviroc、アムジェンのPDE4阻害薬「オテズラ」(アプレミラスト)で、アダプティブ・プラットフォーム試験を活用し、試験期間を短縮する。同試験は、これら3社を含む20社以上の製薬企業が参画する「COVID R&D アライアンス」や米FDA(食品医薬品局)などが連携して実施。COVID R&Dの参画企業が今後数週間以内に新たな候補薬を試験に追加する。

大日本住友 認知症デジタル機器、介護分野での事業化へ損保ジャパンと連携

大日本住友製薬と損保ジャパン、Aikomi(横浜市)の3社は8月4日、認知症・介護関連のデジタル機器の研究開発・事業化で連携すると発表した。大日本住友とAikomiは19年2月に共同研究契約を結び、認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)を緩和するデジタル医療機器を共同開発している。今回の提携は介護向けの展開を目指すもので、介護現場で臨床研究を行い、事業性・販売提携の検討を進める。同機器の活用で介護者と施設利用者の相互信頼関係の構築を促し、介護者の負担軽減につながることを期待しているという。

カネカ子会社、アンジェスの新型コロナワクチン製造に参画

カネカは8月4日、アンジェスと大阪大が開発を進める新型コロナウイルス感染症DNAワクチンの製造に、子会社Kaneka Eurogentec(ベルギー)が参画すると発表した。同ワクチンの製造をめぐっては、ワクチンの構築・製造を担当するタカラバイオを中心に体制構築が進められており、Kaneka Eurogentecは中間体の製造を担当する。同ワクチンの製造にはAGCバイオロジクスとサイティバ、シオノギファーマも参画しており、大量生産に向けて製造体制を強化する。

サノフィ「ディレグラ」をLTLファーマに承継

サノフィは8月4日、抗アレルギー薬「ディレグラ」(フェキソフェナジン塩酸塩/塩酸プソイドエフェドリン)の製造販売承認をLTLファーマに承継し、販売を移管すると発表した。承継は年内の完了を予定しており、その後はLTLファーマが製造・販売する。

タカラバイオ「C-REV」中国企業とのライセンス契約解消

タカラバイオは8月4日、今年5月に中国タスリー・バイオファーマシューティカルズと締結した腫瘍溶解性ウイルス「C-REV」(canerpaturev)のライセンス契約を解消したと発表した。新型コロナウイルス感染症の世界的流行などを考慮して両社で協議し、契約の解消を決めた。

メディパル、米クライオポートと再生医療流通で協業

メディパルホールディングス(HD)は8月4日、米クライオポートと、再生医療サプライチェーンの総合管理ソリューションの構築を目的とする戦略的提携に合意したと発表した。両社は細胞・遺伝子治療薬の流通に関し、それぞれ独自の温度管理物流ソリューションを保有。提携を通じ、より高品質な統合型ソリューションを国内外にシームレスに提供することを目指す。

ペプチドリーム、米レイズバイオとペプチド放射性医薬品を研究開発

ペプチドリームは8月4日、米レイズバイオと、ペプチド放射性医薬品の創製に関する共同研究開発契約を結んだと発表した。研究では、両社で選定した標的分子に対し、ペプチドリームがペプチド薬物複合体として使用するペプチドを同定し、最適化。非臨床段階までの研究開発を行う。レイズバイオは同ペプチドを使ったペプチド放射性医薬品の開発・商業化権を持ち、臨床開発と商業化を主導する。契約に基づき、ペプチドリームは契約一時金としてレイズバイオの一部株式を受領。今後、マイルストンやロイヤリティを受け取る。

王子HD 木質由来の医薬品開発で子会社設立

製紙大手の王子ホールディングス(HD)は8月3日、医薬品の開発・製造販売を目的とする完全子会社「王子ファーマ」を今年4月1日付で設立したと発表した。木質成分由来の硫酸化ヘミセルロース(PPS)について、医薬品としての製品化を目指す。PPSは、王子HDの木質材料中成分の抽出・分離・精製技術をもとに、広葉樹から生産する高分子硫酸化多糖。血液凝固阻止作用や抗炎症作用、保湿作用を持つといい、豚由来の血液凝固阻止剤「ヘパリン」の代替としての展開などを期待している。

 

2020年8月5日(水)

ブリストル LINEでがん治療薬の情報提供…公式アカウント開設

ブリストル・マイヤーズスクイブは8月5日、LINE公式アカウントを開設し、医療従事者向けに医薬品関連情報の提供を始めたと発表した。がん領域が対象。知りたい情報を簡単に入手でき、利便性の向上が期待できるという。LINEからMRの訪問をリクエストすることも可能。今後、ほかの疾患領域にもサービスを拡大する予定。

シンバイオ 導入の抗ウイルス薬、造血幹細胞移植後アデノウイルス感染症でグローバル開発

シンバイオ製薬は8月5日、米キメリックスから導入した抗ウイルス薬ブリンシドフォビルの注射剤について、造血幹細胞移植後のアデノウイルス感染症を対象に日米欧を中心としたグローバル開発を進めると発表した。同適応での開発で得られた知見をもとに、造血幹細胞移植後のマルチウイルス感染症や、腎臓移植を含む臓器移植分野などへの展開も検討する。

 

2020年8月6日(木)

GSKとKMバイオ、新型コロナワクチンの国内供給で協議

グラクソ・スミスクライン(GSK)は8月6日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するアジュバント添加ワクチンの日本国内での供給を支援するため、KMバイオロジクスとアジュバント製造に関する協議を始めると発表した。英GSKは現在、複数の提携先とCOVID-19に対するアジュバント添加ワクチンを開発中。両社は2012年に新型インフルエンザワクチンを対象にアジュバント製造・供給に関する技術移転契約を結んでおり、同契約の拡大を含めて検討する。

 

アステラスとElix、AI創薬の共同研究を開始

AI(人工知能)を活用した創薬や画像認識を手掛けるElixは8月6日、アステラス製薬と、AIを使った活性予測・化合物構造生成・逆合成解析のためのアルゴリズム開発で共同研究を開始したと発表した。Elixはディープラーニング・機械学習に特化したテクノロジー企業。共同研究では、Elixがこれまでに開発したアルゴリズムを強化した上で、アステラスがアルゴリズムを評価し、自社の創薬データを使った追加学習を行う。

オンコリスの新型コロナ治療薬、21年の臨床入り目指す

オンコリスバイオファーマは8月6日、鹿児島大から導入したCOVID-19治療薬「OBP-2001」について、2021年中の臨床試験開始を目指すと発表した。経口剤での開発を目指しており、レムデシビルとの併用によって治療効果を向上させる考え。

鳥居 米ヴェリカと皮膚疾患治療薬でオプション契約

鳥居薬品は8月5日、米ヴェリカ・ファーマシューティカルズと、同社の皮膚疾患治療薬「VP-102」の日本での開発・商業化権に関する独占的オプション契約を結んだと発表した。同薬はカンタリジンの外用剤で、米国で伝染性軟属腫(水いぼ)や尋常性疣贅(いぼ)を対象に開発されている。鳥居は契約の対価として50万ドル(約5300万円)を支払う。今後オプション権を行使してライセンス契約を結んだ場合、契約一時金やマイルストンを支払う予定。

 

2020年8月7日(金)

アストラゼネカ、新型コロナワクチン1億2000万回分供給で日本政府と合意

アストラゼネカは8月7日、開発中の新型コロナウイルスワクチン「AZD1222」の供給で日本政府と基本合意書を結んだと発表した。来年初頭から1億2000万回分を供給する予定で、このうち3000万回分は来年1~3月に供給する見通し。ワクチン原液は、JCRファーマへの製造委託と輸入によって調達。第一三共、第一三共バイオテック、MeijiSeikaファルマ、KMバイオロジクスが製剤と保管、配送を行う。AZD1222はウイルスベクターワクチンで、日本では今月から臨床第1/2相(P1/2)試験を始める。

武田、米ノババックスの新型コロナワクチンを日本で供給へ

武田薬品工業は8月7日、米ノババックスが開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチン「NVX-CoV2373」を日本で供給すると発表した。ノババックスから製造技術の移転を受け、日本で申請し、製造と流通を行う。NVX-CoV2373は組換えタンパクワクチンで、現在、海外でP1/2試験を実施中。武田は、厚生労働省からの助成金を活用し、年間2億5000万回分以上の生産能力を整備する。

第一三共、ADC「U3-1402」とタグリッソの併用療法を開発

第一三共は8月7日、抗HER3抗体薬物複合体(ADC)「U3-1402」とEGFRチロシンキナーゼ阻害薬「タグリッソ」(一般名・オシメルチニブ)の併用療法の開発で英アストラゼネカと提携したと発表した。EGFR遺伝子変異を有する進行・転移性の非小細胞肺がんを対象に、併用療法のグローバル臨床第1相(P1)試験を行う。試験は北米と欧州、日本を含むアジアで最大258人の患者を登録する予定。

ムンディファーマ、全身麻酔薬「アネレム」発売

ムンディファーマは8月7日、全身麻酔薬「アネレム」(レミマゾラムベシル酸塩)を発売したと発表した。薬価は50mg1瓶2218円で、ピーク時に13億円の売り上げを予測。今年1月、世界に先駆けて日本で承認を取得した。

オンコリス「テロメライン」米国で頭頸部がんの医師主導P2開始へ

オンコリスバイオファーマは8月7日、開発中の腫瘍溶解性ウイルス「テロメライシン」(開発コード・OBP-301)について、米国で頭頸部がんを対象とした医師主導P2を始めると発表した。米コーネル大などの研究チームと契約を結ぶ。P2試験は、手術不能の再発・進行頭頸部がん患者を対象に、標準治療である放射線療法と抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(米メルクの「キイトルーダ」)の併用療法に、テロメライシンを上乗せした場合の有効性と安全性を検証する。

アステラス「Rx+」でオープンイノベーションプログラム

アステラス製薬は8月7日、医療用医薬品の枠を超えた「Rx+事業」の創出を目指し、仏アゴライズのオープンイノベーションプラットフォームで「Astellas Rx+ Healthcare Innovation Challenge」を開始したと発表した。「感覚機能の補完・代替」「薬が届きにくい患者」をテーマに、世界中のスタートアップ企業や学生から新規事業のアイデアを募る。プログラムの詳細はhttps://www.agorize.com/astellas-rxplus

国内糖尿病市場、23年度ピークに縮小…矢野経済

矢野経済研究所は8月6日、国内の糖尿病市場(検査・診断機器市場と治療薬市場の合計)が2023年度をピークに縮小するとの予測を発表した。19年度の市場規模は6524億4000万円と推計。20年度は6687億2000万円となり、23年度には6913億円に達するが、24年度は6856億5000万円に縮小するという。治療薬市場は、DPP-4阻害薬やSGLT2阻害薬の伸びで拡大基調にあるものの、特許切れなどによって今後5年以内に縮小に転じるとしている。


Back To Top
×Close search
Search