skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【3/2~3/6】

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【3/2~3/6】

2020年3月2日(月)

ノバルティス 大塚と心不全治療薬「LCZ696」をコ・プロ

ノバルティスファーマは3月2日、慢性心不全の適応で申請中のサクビトリルバルサルタンナトリウム水和物(開発コード・LCZ696)について、大塚製薬と国内での共同プロモーション契約を結んだと発表した。同薬はアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬。契約に基づき、ノバルティスは大塚から契約一時金(100億円)と目標達成に応じたマイルストンを受け取り、売り上げに応じたプロモーションフィーを大塚に支払う。

第一三共 「オムニパーク」など造影剤4製品をGEヘルスケアに承継

GEヘルスケアファーマは3月2日、第一三共が国内で製造販売していた「オムニパーク」など造影剤4製品の製造販売承認を同日付で承継したと発表した。対象はオムニパークのほか、「オムニスキャン」「ビジパーク」「ソナゾイド」。今後はGEヘルスケアファーマが情報提供活動を行う。両社の合意に基づき、2022年3月までは第一三共が流通を続け、安定供給を確保する。

大日本住友、がん領域で米ベンチャーファンドに出資

大日本住友製薬は3月2日、米MPMキャピタルが設立したベンチャーファンド「MPMオンコロジー・イノベーションズ・ファンド」に出資する契約を結んだと発表した。同ファンドは18年に設立され、規模は1億ドル。がん領域の初期研究開発に特化し、ダナ・ファーバーがん研究所の成果に基づいて起業されるベンチャー起業を中心に投資している。

科研、爪白癬治療薬「クレナフィン」を導出先が香港で発売

科研製薬は3月2日、爪白癬治療薬「Jublia」(一般名・エフィナコナゾール、日本製品名「クレナフィン」)を、導出先のメインライフが香港で発売したと発表した。科研は18年10月、香港とマカオでの同薬の開発・販売権をメインライフに供与する契約を締結。メインライフは昨年10月、香港の衛生省から承認を取得していた。

武田 てんかん治療薬ミダゾラムの口腔用液を申請

武田薬品工業は2月28日、ミダゾラムの口腔用液(SHP615)をてんかん重積状態の治療薬として申請したと発表した。けいれんを伴うてんかん重積状態を発症した患者に対し、頬粘膜投与する。同薬は欧州などで「Buccolam」の製品名で承認。日本では厚生労働省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」での評価を踏まえて開発された。

 

2020年3月3日(火)

米ギリアド、がん免疫療法のフォーティーセブンを買収

米ギリアド・サイエンシズは3月2日、がん免疫療法を手掛ける米フォーティーセブンを約49億ドル(約5292億円)で買収すると発表した。買収により、ギリアドはフォーティーセブンのリードプログラムである抗CD47抗体magrolimabなどを獲得。同薬は骨髄異形成症候群と急性骨髄性白血病の適応で臨床第1 相後期(P1b)試験を行っており、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫や濾胞性リンパ腫でも開発している。買収は今年4~6月に完了する予定。

武田 ラテンアメリカのノンコア資産、ブラジル企業に売却

武田薬品工業は3月2日、ラテンアメリカで販売する一般用医薬品(OTC)と医療用医薬品18製品をブラジルのHyperaファーマに売却すると発表した。売却額は約8億2500万ドル(約891億円)。20年後半をめどにOTC「Neosaldina」「Dramin」やDPP-4阻害薬「Nesina」などを譲渡する。譲渡対象製品の18年度の売上高は2億1500万ドル。武田はシャイアー買収による負債を圧縮するためにノンコア資産の売却を進めており、今回の売却もその一環。

共和とFRONTEO AIによる認知症診断システムで事業提携

共和薬品工業は3月2日、データ解析企業のFRONTEOと、AIを使った認知症診断支援システムに関する事業提携で合意したと発表した。同システムはFRONTEO独自の自然言語解析AIを活用し、患者と医師の5~10分程度の会話から認知機能障害の有無や重症度を判定するシステム。FRONTEOは共和との提携で研究・開発・販売体制を強化し、国内での承認取得を目指す。

東邦HD 阪大発の創薬ベンチャーと資本業務提携

東邦ホールディングス(HD)は3月2日、大阪大発ベンチャーのクリングルファーマと資本業務提携したと発表した。同社が開発する脊髄損傷急性期に対するHGF(肝細胞増殖因子)タンパク質性医薬品について、東邦HDが承認後の国内卸売販売流通を引き受ける。あわせて、クリングルファーマの第三者割当増資を引き受け、発行済み株式の2%に当たる3333株を取得した。

富士フイルム、米国で治療用iPS細胞の新生産施設を稼働

富士フイルムは3月2日、米国子会社のフジフイルム・セルラー・ダイナミクスが、治療用iPS細胞の生産施設を4日から稼働すると発表した。自社再生医療製品の開発を加速させるとともに、iPS細胞とiPS細胞由来分化細胞の開発・製造受託も行う。富士フイルムは同施設に総額約25億円を投資。大量培養設備や少量多品種培養設備を導入しており、高品質・高効率生産が期待できるという。

ニプロ 米国に透析液製造会社を設立

ニプロは3月3日、米子会社のニプロメディカルコーポレーションが、米国の透析液製造・販売会社Dimesol USAの透析液製造事業を昨年12月13日付で譲受し、米国に透析液製造子会社を設立したと発表した。ニプロメディカルはダイアライザや血液回路などの透析ディスポーザブル製品を販売しており、透析液を加えることで製品群を拡充する。

武田 中近東・アフリカのノンコア資産売却を完了

武田薬品工業は3月2日、中近東・アフリカで販売していた医療用医薬品とOTC約30製品について、スイスAcinoへの売却が完了したと発表した。売却額は総額2億ドル以上で、売却に伴い270人の従業員がAcinoに移籍する。両社は向こう数年に渡る製造供給契約を結んでおり、武田は引き続き売却した製品を製造する予定。

 

2020年3月4日(水)

武田、COVID-19に対する免疫グロブリン製剤の開発に着手

武田薬品工業は3月4日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として血漿分画製剤の開発を始めたと発表した。開発を始めたのは、原因ウイルスSARS-CoV-2に対する高免疫グロブリン製剤「TAK-888」で、COVID-19の回復者から得た血漿からつくられる。現在、開発を進めるために各国の規制当局と協議しているという。製造は米ジョージア州の製造拠点の隔離されたエリアで行う。

武田はさらに、発売済みの製品や薬剤候補ライブラリからCOVID-19に対する治療薬の候補を探索している。同社は「これらの取り組みは早期の段階だが、社内で高い優先順位を与えている」としている。

中外「テロメライシン」の国内P2試験を開始

オンコリスバイオファーマは3月4日、腫瘍溶解性ウイルス「テロメライシン」(開発コード・OBP-301)について、導出先の中外製薬が食道がんを対象とする国内臨床第2相(P2)試験を始めたと発表した。手術不能・化学放射線療法不適応の患者が対象で、放射線療法と併用する。プラセボ群のない単群試験で、目標症例数は37例。

インテージ、AI活用のワンストップ創薬支援サービスを提供

インテージヘルスケアは3月4日、神戸天然物化学と連携し、AIを活用したワンストップ型の創薬支援サービスの提供を始めると発表した。インテージヘルスケアなどが開発したAI創薬プラットフォームで化合物をデザインし、これを神戸天然物化学が実合成して顧客に納品する。製薬企業や創薬ベンチャー、アカデミアなどを対象に、業務委受託契約のほか、成功報酬やマイルストン契約といった形態でもサービスを提供する。

 

2020年3月5日(木)

再算定の「ゾレア」37.3%引き下げ…20年度薬価改定が告示

厚生労働省は3月5日、4月に行う2020年度薬価改定を告示した。新設された効能変化再算定の特例が適用された抗IgE抗体「ゾレア」(ノバルティスファーマ)は37.3%の引き下げ。特例拡大再算定を受けた免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」(MSD)は20.9%の引き下げとなる。新薬創出・適応外薬解消等促進加算を受けたのは335成分555品目で前回改定並みだった。(詳しくはトピックスで)

公取委、鳥居に課徴金287万円「カルバン」で価格カルテル

高血圧症治療薬「カルバン」(一般名・ベバントロール)の販売をめぐって価格カルテルを結んだとして、公正取引委員会は3月5日、独占禁止法違反で鳥居薬品に排除措置と287万円の課徴金納付を命令したと発表した。日本ケミファもカルテルに関わったが、課徴金減免制度を通じて自主申告したため、処分を受けなかった。公取委によると、両社は遅くとも26年3月5日以降、同薬の価格下落を防ぐために仕切価を合わせることで合意したという。

鳥居は「命令を厳粛かつ真摯に受け止め、法令遵守の徹底に取り組み、再発防止と信頼回復に努める」とコメント。日本ケミファは昨年6月にも高リン血症治療薬「ホスレノール」(炭酸ランタン水和物)の後発医薬品の販売で価格カルテルに関わったと公取委に認定され、再発防止策を進めている最中で、「コンプライアンスの強化と再発防止の徹底を図るとともに、信頼回復に努める」としている。

小野「オパルモン」後発品に製剤技術提供…日医工と提携

小野薬品工業は3月5日、プロスタグランジンE1誘導体製剤「オパルモン」(リマプロスト アルファデクス)の特許などについて日医工と実施権許諾契約を結び、技術提携したと発表した。今後、日医工が製造販売する後発医薬品「リマプロストアルファデクス錠5μg『日医工』」を、小野薬品の製剤技術によって耐湿安定性を高めた製剤に変更。承認後、バラ包装規格を追加して販売する。小野はオパルモンの製造販売を続ける。

アンジェス、阪大とCOVID-19向けDNAワクチン開発へ

アンジェスは3月5日、大阪大と共同で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するDNAワクチンを開発すると発表した。昨年3月に承認された遺伝子治療薬「コラテジェン」の開発経験を生かす。ワクチンの製造はタカラバイオが行う。

小野「ビラフトビ/メクトビ」セツキシマブとの3剤併用を結腸・直腸がんで申請

小野薬品工業は3月4日、BRAF阻害薬「ビラフトビ」(エンコラフェニブ)とMEK阻害薬「メクトビ」(ビニメチニブ)について、抗EGFR抗体セツキシマブとの3剤併用療法を「BRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」の適応で申請したと発表した。ビラフトビとメクトビは昨年2月から悪性黒色腫の適応で販売されている。

武田、ロシア・CISのノンコア資産 独スタダに売却完了

武田薬品工業は3月4日、ロシアとジョージア、独立国家共同体(CIS)で販売していた一般用医薬品と医療用医薬品約20製品について、独スタダへの売却が完了したと発表した。売却額は約6億6000万ドル(約706億円)。売却に伴い、従業員約450人がスタダに移籍した。両社は製造供給契約を結んでおり、武田は引き続き売却した製品の製造を行う。

GSK「ザイザル シロップ」の500mL包装が承認

グラクソ・スミスクラインは3月4日、抗アレルギー薬「ザイザル シロップ0.05%」(レボセチリジン)について、従来の200mL瓶に加え、500mL瓶の包装規格が承認されたと発表した。効能・効果の変更はない。

旭化成 米ベロキシスの買収完了

旭化成は3月4日、米ベロキシス・ファーマシューティカルズを保有するベロキシスDK(デンマーク)の買収を完了し、完全子会社化したと発表した。子会社化により、旭化成は米国医薬品市場での事業基盤を獲得する。

 

2020年3月6日(金)

塩野義 米テトラとの提携強化

塩野義製薬は3月6日、認知機能改善薬「BPN14770」に関する米テトラ・セラピューティクスとの戦略的提携を強化すると発表した。塩野義の出資比率を50%まで引き上げるとともに、条件を満たした場合に子会社化する合弁契約を結んだ。

BPN14770は、テトラが創製したPDE4D阻害薬。両社は18年12月に提携し、塩野義は日本、韓国、台湾での同薬の独占的開発・製造・販売権を取得した。同薬は米国でアルツハイマー型認知症と脆弱X症候群の患者を対象とした臨床第2相試験を実施中。今年3月中には結果の速報が得られる見込みという。

沢井、シアリス後発品を19日に発売

沢井製薬は3月6日、先月承認を取得した勃起不全(ED)治療薬「シアリス」の後発医薬品「タダラフィル錠CI『サワイ』」について、20mg製剤を3月19日に、10mg製剤を同26日に発売すると発表した。シアリスの後発品は国内初。薬価基準未収載品のため、公的医療保険の対象にはならない。偽造品の流通を防止するため、見る角度によって見える文字が変化する印刷技術を包装に採用した。

シスメックス、眼科領域のゲノム医療で神戸アイセンター病院と提携

シスメックスは3月5日、遺伝性網膜変性疾患に対するゲノム医療の臨床実装に向け、神戸市民病院機構神戸市立神戸アイセンター病院と包括連携契約を結んだと発表した。同病院の知見とシスメックスの開発ノウハウを生かし、ますは遺伝子検査の早期実用化を目指して活動する。

ジーンテクノ、歯髄幹細胞による新治療創出へ2大学と共同研究

ジーンテクノサイエンスは3月5日、歯髄幹細胞を活用した新治療の創出に向け、名古屋大、大分大とそれぞれ共同研究契約を結んだと発表した。名古屋大とは脊髄損傷を、大分大とは末梢神経麻痺を対象に、子会社セルテクノロジーズで調製したヒト歯髄幹細胞を使って新たな治療法を共同で研究する。


Back To Top
×Close search
Search