skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

肥満介入デバイス | Medtech 360 | 米国 【DRGレポート】


米国の肥満介入デバイス市場は、肥満人口の増加や、良好な臨床試験の結果および保険カバー率の改善による肥満減量手術の浸透により、2027年まで緩やかに成長すると見られています。

本レポートでは、米国における肥満介入デバイス市場について、向こう10年間の包括的な分析を提供しています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

QUESTIONS ANSWERED

スリーブ状胃切除術数は胃バイパス術に替わる形で増加すると考えられる。

  • スリーブ状胃切除術数が増加する原因は何か?
  • 術中に用いられる内部閉鎖デバイス市場に与える影響は?

多くの新規製品が最近FDAに承認、もしくは近い将来承認されるものもある。

  • FDAに承認された製品は?
  • メジャーな新製品は何か?それらの参入が市場および既存治療にどのような影響を与えるか?

既存の肥満減量手術および製品に対し、FDAはいくつかの重大な安全性上の懸念を示している。

  • どの製品に懸念があるのか?
  • 医療機器メーカーはこれらの懸念に対してどのような対策を示しているのか?
  • 製品の使用と競合シェアに与える影響は?

Back To Top
×Close search
Search