skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【1/6~1/10】

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【1/6~1/10】

2020年1月6日(月)

大鵬とアステックス、米メルクとがん領域の低分子阻害薬で提携

大鵬薬品工業は1月6日、大塚製薬子会社の英アステックス、米メルクとがん領域で戦略的提携を結んだと発表した。提携はKRAS遺伝子を含む複数のターゲットを対象に開発中の低分子阻害薬に特化したもので、3社は前臨床段階の候補化合物やデータを共有。大鵬とアステックスは候補化合物のライセンスを付与する対価として、契約一時金5000万ドル(約54億円)のほか、最大約25億ドルのマイルストンと売り上げに応じたロイヤリティを受け取る。

大日本住友、ロイバント提携で獲得の過活動膀胱薬ビベグロンを米で申請

大日本住友製薬は1月6日、子会社の英ユーロバントが過活動膀胱治療薬ビベグロンを米国で申請したと発表した。同薬はβ3アドレナリン受容体作動薬。日本では杏林製薬が権利を持っており、2018年11月に「ベオーバ」の製品名で発売している。ユーロバントは英ロイバントとの戦略提携で子会社化した。

協和キリン パーキンソン病薬イストラデフィリンを欧州で申請

協和キリンは1月6日、パーキンソン病治療薬イストラデフィリン(日本製品名・ノウリアスト)を欧州で申請し、欧州医薬品庁(EMA)に受理されたと発表した。適応は「ウェアリングオフ現象を有する成人パーキンソン病患者におけるレボドパ含有製剤との併用療法」。米国でも昨年8月に承認されている。

小野・生化学、変形性関節症治療薬「ONO-5704/SI-613」を国内申請

小野薬品工業と生化学工業は1月6日、共同開発している「ONO-5704/SI-613」を変形性関節症(膝関節、股関節、足関節)の適応で申請したと発表した。ヒアルロン酸に抗炎症薬ジクロフェナクを結合した薬剤。ジクロフェナクは徐放されるよう設計されている。

杏林 間質性肺疾患に対する新規免疫調整薬を米社から導入

キョーリン製薬ホールディングスは1月6日、子会社・杏林製薬が米aTryファーマ創製の新規免疫調整薬「ATYR1923」に関するライセンス契約を結んだと発表した。杏林は間質性肺疾患を対象に同薬を国内で独占的に開発・販売する権利を獲得。契約一時金800万ドル(約8億6400万円)と、開発・販売マイルストン、売上高に応じたロイヤリティをaTryに支払う。同薬は融合タンパク製剤で、肺の炎症での過剰な免疫細胞の活性化を抑制。米国ではaTryが肺サルコイドーシスを対象に臨床第1/2相(P1/2)試験を行っている。

エーザイ「フィコンパ」を中国で発売

エーザイは1月6日、抗てんかん薬「フィコンパ」(一般名・ペランパネル)を中国で発売したと発表した。適応は、12歳以上の部分てんかん併用療法(二次性全般化発作を含む)。同薬はエーザイが創製したAMPA受容体拮抗薬で、中国では昨年9月に承認された。

大日本住友、ロイバントとの提携手続きが完了

大日本住友製薬は2019年12月28日、英国とスイスに本社を置くバイオベンチャー「ロイバント・サイエンシズ」との戦略的提携に関する手続きが完了したと発表した。総額約30億ドルを支払い、ロイバントが提携のために設立した新会社を買収。ヘルスケアテクノロジープラットフォームを獲得するとともに、ロイバントの株式の11%も取得した。新会社はユーロバントなどロイバントの子会社5社を傘下に収め、CEO(最高経営責任者)には米ジェネンテックでプレジデント兼COO(最高執行責任者)を務めたマートル・ポッター氏が就いた。

MSD、意思決定の効率化などを目指し「アジャイル組織」を発足

MSDは1月6日、部門ごとに共通の専門性を持った人員によって構成される従来型の組織に、業務ごとに部門横断的な人員を組み込む「アジャイル組織」を1日付で発足したと発表した。MSDはこれまで、不眠症やプライマリーの領域で試験的に採用していたが、意思決定の効率化やパフォーマンスの向上が確認できたため全社に拡大するという。

 

2020年1月7日(火)

第一三共、抗HER2ADC「ENHERTU」を米国で発売

第一三共は1月7日、大型化を期待する抗HER2抗体薬物複合体(ADC)「ENHERTU(エンハーツ)」(一般名・トラスツズマブ デルクステカン)を米国で発売したと発表した。適応は「転移性乳がんに対する治療として2つ以上の抗HER2療法を受けたHER2陽性の手術不能・転移性乳がん」。日本でも昨年9月に申請している。

NEC、ネオアンチゲンワクチンのP1試験を欧米で開始

日本電気(NEC)は1月7日、ネオアンチゲンワクチン「TG4050」の臨床第1相(P1)試験を欧米で開始すると発表した。対象は、手術後の再発リスクのある頭頸部がん患者と、アジュバント療法後の卵巣がん患者。試験は提携先の仏バイオテクノロジー企業トランスジーンと共同で行う。同日、最初の患者を登録した。

TG4050はトランスジーンのウイルスベクター技術をベースに開発した治療用ワクチン。NECのネオアンチゲン予測システムで特定した患者固有の変異をコードし、患者の免疫システムを活性化する。

MeijiSeikaファルマ、慢性GVHD治療薬の開発・商業化で米社と提携

MeijiSeikaファルマは1月7日、米Kadmonコーポレーションと慢性移植片対宿主病(GVHD)治療薬の開発・商業化に関する提携を結んだと発表した。Kadmonが米国で開発しているROCK2阻害薬「KD025」について、日本とアジアでの開発・商業化のために同社が設立した合同会社に出資。合同会社は日本とアジア12カ国で同薬を独占的に開発・販売する権利を持ち、KadmonとMeijiが共同で運営する。

ギリアド、医療関係者向けリウマチ学術情報サイトを開設

ギリアド・サイエンシズは1月7日、医療関係者向けに関節リウマチに関する学術情報を提供する会員制サイトを開設したと発表した。関節リウマチの炎症に関わるJAK-STATシグナル伝達経路に関する情報などを提供する。ギリアドは関節リウマチの適応でJAK阻害薬フィルゴチニブを申請中。

ジーンテクノ、札幌医科大と新規抗がん剤の共同研究

ジーンテクノサイエンスは1月6日、札幌医科大と、がん細胞内に侵入できる抗体を使った抗がん剤の共同研究契約を結んだと発表した。低分子化合物を結合させた抗体薬物複合体や細胞傷害性タンパク質を連結させた免疫毒素を創製し、単独投与でも効果の高い抗がん剤の開発を目指す。

アクセライズ、中国の大手CROと合弁会社を設立

CRA派遣事業やCRO事業を手掛けるアクセライズは1月6日、中国最大のCROである杭州泰格医药科技と合弁会社「タイガライズ」を折半出資で設立したと発表した。国際共同治験の日本国内での実施分を請け負うとともに、国際的な臨床開発を計画する国内製薬企業や医療機器メーカーを支援する。合弁会社は東京都千代田区と大阪市北区に拠点を置く。

 

2020年1月8日(水)

三菱ケミカルHD、田辺三菱に対するTOB成立…上場廃止へ

三菱ケミカルホールディングス(HD)は1月8日、7日まで行っていた上場子会社・田辺三菱製薬への株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。買い付け予定数の下限約5767万株を上回る約1億9735万株の応募があった。三菱ケミカルHDはTOB終了後に田辺三菱の全株式を取得し、完全子会社化する。一連の手続きが完了すれば、田辺三菱は上場廃止となる。

あすか製薬 スペイン企業から経口避妊薬の開発・販売権

あすか製薬は1月8日、スペインのInsud Pharmaとドロスピレノンを単一の有効成分とする経口避妊薬の開発・販売権に関するライセンス契約を結んだと発表した。あすかはInsudが保有する同薬の日本と韓国でのサブライセンス権付き独占的開発販売権を獲得し、対価として契約一時金と開発の進捗に応じたマイルストンを支払う。

協和キリン「ルミセフ」の体軸性脊椎関節炎への適応拡大を申請

協和キリンは1月8日、抗IL-17受容体A抗体「ルミセフ」(一般名・ブロダルマブ)について、体軸性脊椎関節炎への適応拡大を申請したと発表した。体軸性脊椎関節炎は、仙腸関節や脊椎・四肢(大関節)の腱付着部分に慢性の炎症が起こる自己免疫疾患。ルミセフは2016年に乾癬治療薬として承認されている。

 

2020年1月9日(木)

中外 RAF/MEK阻害薬CKI27を米社に導出

中外製薬は1月9日、開発中の抗がん剤「CKI27」について、全世界での独占的な製造・開発・販売権を米ヴェラステム・オンコロジーに供与する契約を結んだと発表した。同薬はRAF/MEK阻害薬で、非小細胞肺がんや卵巣がん、大腸がんなどの固形がんを対象に海外で臨床第1相(P1)試験を実施中。契約に基づき、中外はヴェラステムから契約一時金300万ドル(約3億2700万円)と、売り上げに対するロイヤリティを受け取る。

MeijiSeikaファルマ 血液がん治療薬を米社から導入

MeijiSeikaファルマは1月9日、米HUYAバイオサイエンス・インターナショナルが開発する抗がん剤「HBI-8000」について、日本とアジア7カ国を対象とするライセンス契約を結んだと発表した。

同薬はがん細胞の脱アセチル化を阻害し、遺伝子発現を抑制する新規作用機序の薬剤。日本ではHUYAバイオがT細胞性の白血病とリンパ腫を対象に申請準備中で、末梢性T細胞リンパ腫の適応でもP2試験を行っている。契約に基づき、Meijiは日本での同薬の独占的販売権と、韓国などアジア7カ国での独占的開発・販売権を獲得。ライセンスの対価として、契約一時金と開発・販売マイルストン、売上高に応じたロイヤリティを支払う。

「ザイヤフレックス」供給継続の仮処分申し立て、米地裁が却下

旭化成ファーマは1月9日、アイルランドEndoに対してデュピュイトラン拘縮治療薬「ザイヤフレックス」の供給継続を求める仮処分命令の申し立てが、米国ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所によって却下されたと発表した。旭化成ファーマは申し立て却下に対して抗告を行うなどの対応を検討する。

旭化成ファーマはEndoから製品の供給を受けて日本で同薬を販売してきたが、Endoが供給を拒絶。昨年10月に訴えを起こしていた。

大日本住友、米子会社・アルタバントが米ベンチャー買収

大日本住友は1月9日、米子会社アルタバント・サイエンシズが、米バイオベンチャーのオンスピラ・セラピューティクスを買収したと発表した。肺移植後の閉塞性細気管支炎症候群を対象とする吸入型IL-1受容体拮抗薬「OSP-101」を獲得。同社の株主に対し、契約一時金や開発・販売マイルストン、販売額に応じたロイヤリティを支払う。アルタバントは英ロイバントとの戦略提携で子会社化した企業で、肺動脈性高血圧症治療薬rodatristatなどを開発している。

セルジーン日本法人、社長にブリストル日本法人のバルラン社長

セルジーン日本法人は1月9日、ブリストル・マイヤーズスクイブ日本法人のジャン=クリストフ・バルラン社長が1日1日付で社長に就任したと発表した。米ブリストルは昨年11月に米セルジーンの買収を完了しており、日本でも統合作業を進めている。社長交代もこの一環で、セルジーン日本法人の社長を務めていた野口暁氏は退任した。

 

2020年1月10日(金)

科研、原発性腋窩多汗症治療薬を申請

科研製薬は1月10日、原発性腋窩多汗症治療薬「BBI-4000」(一般名・ソフピロニウム臭化物)を日本で申請したと発表した。同薬は抗コリン薬。ムスカリン受容体に結合することでアセチルコリンとの結合を阻害し、発汗を抑制する。科研は2015年に米ブリッケル・バイオテックから同薬を導入し、外用剤として開発を進めてきた。

エーザイ「ハラヴェン」を中国で発売

エーザイは1月10日、抗がん剤「ハラヴェン」(エリブリンメシル酸塩)を中国で発売したと発表した。適応は「アントラサイクリン系とタキサン系抗がん剤を含む2レジメン以上の化学療法歴のある局所進行性・転移性乳がん」。昨年7月に承認を取得していた。

ヘリオス、iPS由来NK細胞でがん免疫療法を開発

ヘリオスは1月10日、他家iPS細胞由来NK細胞を使ったがん免疫細胞療法製剤(開発コード・HLCN061)の開発を始めると発表した。対象は固形がんとし、日本と米国で開発を進める。

久光、マレーシアに現地法人を設立

久光製薬は1月10日、マレーシアに新会社「ヒサミツ・ファーマシューティカル・マレーシア」を10月に設立すると発表した。現地法人の設立により、マレーシアでの持続的成長を目指す。

久光 ジクロフェナクナトリウム、腰痛などで2本のP3開始

久光製薬は1月9日、経皮吸収型非ステロイド性疼痛治療薬ジクロフェナクナトリウム(開発コード・HP-3105)について、国内で2本の臨床第3相(P3)試験を始めたと発表した。1本は腰痛症が対象で、もう1本は肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱鞘炎が対象。21年度中の承認申請を目指す。

CSLベーリング、安全・簡単な溶解器具の提供を開始

CSLベーリングは1月9日、凝固因子製剤の溶解操作を安全かつ簡単に行える溶解器具「スリートック通気孔タイプ」の提供を始めたと発表した。血友病A治療薬「エイフスチラ」や血友病B治療薬「イデルビオン」を患者や家族が在宅で自己注射する際に使用。溶解液と薬剤のバイアルに刺しやすく、薬液を簡単に注射器に移すことができるという。


Back To Top
×Close search
Search