skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

画像診断機器市場 | Medtech 360 | 米国 | 【DRGレポート】


米国における画像診断機器市場は、2027年まで緩やかに成長すると見られています。高齢人口の増加や、貧しいライフスタイルの様なリスクファクター、好ましい規制上の変更による新規技術の受け入れが成長を後押ししますが、大きな画像診断機器が飽和状態であること、加えて病院の統合が進んでいることが市場の成長を阻害するでしょう。

本レポートは、米国における画像診断機器市場について、10年間の包括的なデータと分析を提供します。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

QUESTIONS ANSWERED

米国における購買パターンと競合環境は、現在進んでいる病院統合の流れに大きく影響される。

  • 病院の統合は医療システムの購買行動にどのような影響を与えるか?
  • GPOが購買パターンに与える影響は?
  • 大手、小規模OEM企業の競合環境への影響は?

バリュー・ベースド・ケア(価値に基づく治療)への動きが、償還環境の変化に繋がるとみられている。

  • 現在既に行われているCMSにおける償還率の変更は、病院・病院以外の医療施設での手技ボリュームにどのような影響を与えるのか?
  • 製造業者はこの変化にどのように対応するのか?
  • バリュー・ベースド・ケアへの流れが、医療施設・製造業者に与える影響は?

米中間の貿易摩擦が市場に与える影響は?

  • 貿易摩擦は米国内の中国企業にどのような影響を与えるのか?
  • 中国からの材料に依存している米国企業への影響は?
  • 画像診断機器の平均販売価格への影響は?

Back To Top
×Close search
Search