skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

画像診断機器市場 | Medtech 360 | 欧州 | 【DRGレポート】


成熟した欧州の画像診断機器市場は、2028年まで中程度の成長が予想されます。デジタル化への流れや、平均販売価格の減少、高齢人口の増加による画像診断への需要の増加が新規テクノロジーの導入を後押ししますが、医療施設におけるコスト抑制が画像システム買い替えの遅れに繋がり、市場成長の妨げになるでしょう。

本レポートは、欧州における画像診断機器市場について、10年間の包括的なデータと分析を提供します。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

QUESTIONS ANSWERED

欧州における画像診断機器市場は、比較的飽和状態である。

  • 2028年まで成長拡大見込みの特定のセグメントは?
  • 新規画像診断テクノロジーの受け入れ態勢は?最も受け入れが早いテクノロジーは?

財政状況が安定するにつれて、欧州の医療施設は新規システムの導入、買い替えに投資をしている。

  • 購買決定に影響を与える要因は?
  • どの程度新しい先進的なシステムより既存システムの切り替えを好むのか?

医療施設における予算制限が、最高水準の機器の導入の妨げになっている。

  • 最高水準機器の浸透度合いは?
  • どの様な施設が購入しているのか?その理由は?

欧州では購買交渉の場において、販売後および製品サポートがより重要視されてきている。

  • 販売後サービスが重要視される要因は何か?
  • 競合他社が取っているその他戦略は?
  • アジア企業の進出は、既存企業の戦略にどの様な影響を与えるのか?

Back To Top
×Close search
Search