skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

高血圧管理デバイスの世界市場 | Medtech 360 | グローバル 【DRGレポート】


高血圧管理デバイスは、コントロール不良の高血圧患者に対する新たな治療の形です。この患者グループに対する効果的な血圧管理への潜在医療ニーズを踏まえると、一度製品が上市されればその有望な臨床試験データと高価な価格により、市場は急速に成長するとみられています。

本レポートでは、米国、欧州(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国)、日本における高血圧管理デバイス市場について、向こう10年間の包括的な分析を提供しています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

本レポートでは、米国、欧州(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国)、日本における高血圧管理デバイス市場について、向こう10年間の包括的な分析を実施、以下のような課題に対して回答を提供する。

高血圧管理デバイス市場には、多くの事業機会が存在している。

  • 10年後には何症例程実施されているか?
  • 価格設定と償還はどの程度市場にインパクトを与えるのか?

SYMPLICITY HTN 3試験の残念な結果や、腎デナベーション手技への医師の限られた経験、さらに高血圧治療薬との競合が、腎デナベーションデバイス浸透の妨げになる。

  • 最も大きな障壁は何か?
  • 国ごとの障壁の違いは?

現在日米欧において高血圧管理デバイスは販売されていない。

  • 最も早い時期でいつから販売開始になるのか?
  • どのぐらい早くデバイスを用いた治療が浸透するのか?

高血圧管理デバイス市場の命運は臨床試験の結果にかかっている。

  • 現在進行中の試験は?
  • 臨床試験の初期段階での結果?
  • これらの試験が市場に与えるインパクトは?

Back To Top
×Close search
Search