skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【11/5~11/8】

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【11/5~11/8】

2019年11月5日(火)

鳥居薬品 先駆け指定の遺伝性血管性浮腫発作抑制薬を導入

鳥居薬品は11月5日、遺伝性血管性浮腫(HAE)発作抑制薬「BCX7353」について、米バイオクリスト・ファーマシューティカルズと国内での販売ライセンス契約を結んだと発表した。同薬は先駆け審査指定制度の対象品目に指定されており、バイオクリストは来年1~3月に申請する予定。承認取得後、鳥居が独占的に販売する。契約に基づき鳥居は、契約一時金2200万ドル(約23.8億円)、マイルストン最大2000万ドル(約21.6億円)、売上高に応じたロイヤリティを支払う。

武田 ロシア・CISのOTCなどを独スタダに売却

武田薬品工業は11月5日、ロシア・ジョージア・独立国家共同体(CIS)で販売する一般用医薬品と医療用医薬品の一部を、独スタダ・アルツナイミッテルに総額6.6億ドル(約718億円)で売却すると発表した。売却は来年1~3月に完了する予定。武田はシャイアー買収による負債の圧縮に向けて100億ドル規模のノンコア資産売却を目指しており、今年度は今回で4件目となる。

第一三共 米シアトル・ジェネティクスを提訴、ADC技術の知財めぐり

第一三共は11月5日、米シアトル・ジェネティクスを相手取り、抗体薬物複合体(ADC)に関する知的財産権の帰属を明らかにするための確認訴訟を米国デラウェア州連邦地方裁判所に起こしたと発表した。第一三共によると、2008~15年に両社で行ったADCの共同研究について、シアトル・ジェネティクスが知的財産権の帰属を主張し、異議を通知。第一三共は、現在開発しているADCは共同研究したものとは異なり、シアトル・ジェネティクスの主張には根拠がないとしている。

エーザイ ダゼメトスタットのロイヤリティ受領権を譲渡

エーザイは11月5日、開発中の抗がん剤ダゼメトスタットについて、日本以外での売り上げに応じたロイヤリティ受領の権利を米ロイヤリティ・ファーマに譲渡する契約を結んだと発表した。同薬はエーザイが米エピザイムから導入したEZH2阻害薬。これまでは日本ではエーザイが、それ以外の地域ではエピザイムが開発し、日本以外での売り上げに応じたロイヤリティをエーザイが受け取る契約となっていた。

ロイヤリティ受領権を譲渡する対価として、エーザイはロイヤリティ・ファーマから一時金1億1000万ドル(約120億円)を受け取るほか、米国で承認後に最大2億2000ドル(約239億円)を受領する権利を持つ。

協和キリンのブロスマブ、欧州で成人患者への適応拡大を申請

協和キリンは11月5日、抗FGF23抗体「Crysvita」(ブロスマブ)について、欧州でX染色体連鎖性低リン血症(XLH)の成人患者への適応拡大申請を行い、欧州医薬品庁(EMA)に受理されたと発表した。欧州では昨年1月、1歳以上の小児・青少年を対象に条件付き承認を取得している。日本では「クリースビータ」の製品名で今年9月に承認。XLHの適応では開発していない。

キョーリン製薬HD 4~9月期業績予想を下方修正

キョーリン製薬ホールディングス(HD)は11月5日、2019年4~9月期の業績予想を下方修正すると発表した。修正後の予想は売上高483億円(従来予想比38億円減)、営業利益8億円(15億円減)。抗アレルギー薬「デザレックス」の供給再開が11月に延びたことや、キノロン系抗菌薬「ラスビック」の発売が遅れたことが影響する。

武田テバ、長期収載品の原薬製造国を公開

武田テバ薬品は11月1日、自社で製造販売する長期収載品の原薬製造国の公開を始めたと発表した。同社は、今年3月から医療関係者向け情報サイト「武田テバDI-ner」で後発医薬品の原薬の最終製造国を公開。医療関係者から好評だったことから、対象を長期収載品にも広げることにした。

メディネットと京都府立医大、BAR-T細胞の実用化へ共同研究

メディネットは11月5日、京都府立医科大とBAR-T細胞(B細胞抗体受容体を導入した免疫細胞)の実用化に向けた共同研究を開始したと発表した。中和抗体を産生するB細胞を特異的に除去することができるといい、ライソゾーム病に対する補充療法中に自己中和抗体が産生されることで起こる病態などを対象に実用化を目指す。

決算

持田製薬(2019年4~9月期、11月5日発表)

売上高515億円1200万円(前年同期比10.0%減)、営業利益62億円(18.7%減)。新薬の慢性便秘症治療薬「グーフィス」などが伸長したものの、長期収載品が軒並み落ち込み、減収減益となった。バイオシミラーの「エタネルセプト『MA』」などが好調で、後発医薬品事業は21%増の116億円だった。

あすか製薬(2019年4~9月期、11月5日発表)

売上高265億8200万円(前年同期比13.2 %増)、営業利益7億4600万円(22.3%減)。抗菌薬「リフキシマ」や子宮筋腫治療薬「レルミナ」などの寄与で売り上げは伸びたが、販売権などの減価償却費や研究開発費の増加により減益となった。

 

2019年11月6日(水)

武田、MDアンダーソンがんセンターから「CAR-NK細胞療法」を導入

武田薬品工業は11月6日、米国テキサス大MDアンダーソンがんセンターと、臍帯血由来のNK細胞にキメラ抗原受容体を発現させた「CAR-NK細胞療法」の独占的ライセンス契約と共同研究開発契約を結んだと発表した。武田は同センターのCAR-NK基盤技術にアクセスする権利と、CD19やBCMAを標的とする最大4つのCAR-NK細胞療法を独占的に開発・販売する権利を獲得。開発プログラムを進めるために共同研究を行う。

CD19をターゲットとするCAR-NK細胞療法は現在、臨床第1/2a相試験を実施中。2021年には主要臨床試験を始める。

ニプロ、タリオンAGに小児適応追加

ニプロは11月6日、抗アレルギー薬「タリオン」のオーソライズド・ジェネリック「ベポタスチンベシル酸塩錠『タナベ』」について、小児に対する適応と用法・用量の追加が承認されたと発表した。今回の承認により、適応と用法・用量は先発医薬品と同じになった。

ツムラ、中国企業と資本提携

ツムラは11月6日、中国子会社の平安津村有限公司が、中国の漢方原料生薬メーカー・天津盛実百草中薬科技股?有限公司と資本提携を結ぶと発表した。日本向け原料生薬の安定供給体制を強化するとともに、中国事業の拡大を目指す。平安津村は天津盛実の株式の80%を取得して子会社化。今年12月をめどに正式契約を結ぶ予定。

スズケン、Welbyと資本業務提携

スズケンは11月6日、PHR(Personal Health Record)サービスを展開するWelbyと資本業務提携したと発表した。スズケンはWelbyの発行済み株式の1%を取得。PHRサービスの普及を図るほか、医療従事者の利便性向上や患者サポートに貢献する新たなソリューションや、流通から患者サポートまでをカバーするソリューションを検討する。

決算

参天製薬(2019年4~9月期、11月6日発表)

売上高1187億7500万円(前年同期比3.9%増)、営業利益190億1100万円(8.7%減)。国内で主力の網膜疾患治療薬「アイリーア」や角結膜疾患治療薬「ジクアス」などが伸びたほか、中国事業が2桁成長。米メルクから買収した眼科製品などの無形資産の償却費がかさみ、利益は減少した。

ツムラ(2019年4~9月期、11月6日発表)

売上高608億200万円(前年同期比4.3%増)、営業利益97億7600万円(9.2%増)。主力の「大建中湯」や「抑肝散」「六君子湯」などが堅調に推移した。

日本新薬(2019年4~9月期、11月6日発表)

売上高573億8700万円(前年同期比7.3%増)、営業利益110億2500万円(45.7%増)。骨髄異形成症候群治療薬「ビダーザ」や肺動脈性肺高血圧症治療薬「ウプトラビ」などが好調。同薬の海外導出先からのロイヤリティ収入が増加したことで、大幅な営業増益となった。

科研製薬(2019年4~9月期、11月6日発表)

売上高451億7000万円(前年同期比4.9%減)、営業利益137億4400万円(11.2%増)。高脂血症治療薬「リピディル」が後発医薬品の影響で売り上げを落としたことが響いて減収となった一方、研究開発費の減少により利益は大幅に増えた。

キッセイ薬品工業(2019年4~9月期、11月6日発表)

売上高315億4800万円(前年同期比11.5%減)、営業利益23億3400万円(45.1%減)。排尿障害改善薬「ユリーフ」が後発医薬品の影響により前年同期比59.7%減と落ち込み、売り上げ、利益とも前年同期を大きく下回った。11月に薬価収載が見込まれる腎性貧血治療薬「ネスプ」のバイオシミラーは、通期で5億円の売り上げを予想している。

 

2019年11月7日(木)

国内医療用医薬品市場、19年7~9月期は8.9%増

IQVIAは11月7日、2019年7~9月期の国内医療用医薬品市場が前年同期比8.9%増の2兆6709億3700万円となったと発表した。5%を超える成長となったのは、2016年1~3月期以来、3年半ぶり。製品別では、372億9900万円(前年同期比84.0%増)でMSDの免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」がトップだった。

杏林 過活動膀胱治療薬「べオーバ」を韓国企業にサブライセンス

杏林製薬は11月7日、過活動膀胱治療薬ビベグロン(国内製品名・べオーバ)について、韓国のチェイル・ファーマシューティカルとサブライセンス契約を結んだと発表した。同薬を韓国で独占的に開発・製造・販売する権利を供与する。同薬は米メルクが創製したβ3アドレナリン受容体作動薬で、杏林はアジア地域の権利を持っている。国内ではキッセイ薬品工業と共同開発し、昨年11月に発売した。

国立精神・神経医療研究センター、筋ジス核酸医薬の医師主導治験を開始

国立精神・神経医療研究センターは11月6日、日本新薬と共同研究を進めるアンチセンス核酸医薬「NS-089/NCNP-02」について、デュシェンヌ型筋ジストロフィーを対象に医師主導治験を開始したと発表した。日本新薬が申請中のビルトラルセンがジストロフィン遺伝子のエクソン53をスキップするのに対し、NS-089/NCNP-02はエクソン44をスキップする。

日本新薬のビルトラセン、条件付き早期承認の対象に指定

日本新薬は11月6日、デュシェンヌ型筋ジストロフィーを対象に申請中のビルトラセンについて、厚生労働省から条件付き早期承認制度の対象品目に指定されたと発表した。ビルトラルセンは日本新薬と国立精神・神経医療研究センターが共同開発したアンチセンス核酸。先駆け審査指定制度の対象品目にも指定されている。

武田 ドイツでデング熱ワクチン製造施設をオープン

武田薬品工業は11月6日、デング熱ワクチン(開発コード・TAK-003)の製造施設をドイツのジンゲン工場内にオープンしたと発表した。1.3億ユーロ(約156億円)以上を投資しており、最大200人の従業員を雇用する予定。TAK-003は4価弱毒生デング熱ワクチンで、小児と若年層を対象に行った臨床第3相(P3)試験では、ウイルスの感染歴に関係なく予防効果を示した。

キョーリン製薬HD、メディカルサプライをグループ工場に吸収合併

キョーリン製薬ホールディングス(HD)は11月7日、環境衛生事業子会社キョーリン メディカルサプライを生産子会社キョーリン製薬グループ工場に吸収合併すると発表した。合併は来年4月1日を予定。中期経営計画で掲げた「ローコスト強化」に向け、経営効率の向上を図る。

決算

キョーリン製薬ホールディングス(2019年4~9月期、11月7日発表)

売上高482億9900万円(前年同期比4.1%減)、営業利益7億8300万円(72.5%減)。喘息治療薬「フルティフォーム」などが伸長したものの、抗菌薬「デザレックス」の供給停止や長期収載品の落ち込みが響き、減収減益となった。2020年3月期の通期予想は売上高1094億円(従来予想比47億円減)、営業利益65億円(26億円減)に下方修正。デザレックスの供給再開と抗菌薬「ラスビック」の発売が遅れたことが影響する。

 

2019年11月8日(金)

中外、サトラリズマブを日本でも申請

中外製薬は11月8日、抗IL-6受容体リサイクリング抗体サトラリズマブ(開発コード・SA237)を、視神経脊髄炎スペクトラム(NMOSD)の適応で日本で申請したと発表した。希少疾病用医薬品に指定されており、優先審査の対象となる。リサイクリング抗体は抗原に繰り返し結合する抗体。サトラリズマブはNMOSDの病態に関与するIL-6シグナルを阻害することで、NMOSDの再発を抑制すると期待されている。米国と欧州でも申請済み。

生化学 20年3月期は110億円の最終赤字に、生産設備で減損計上

生化学工業は11月8日、2020年3月期の通期業績予想を修正し、110億円の最終赤字になる見通しだと発表した。長期収載品の薬価引き下げや、関節機能改善剤の販売本数が設備投資時の想定を下回っていることなどにより、19年4~9月期決算に123億円の減損損失を計上したことが響く。

同社は同日、19~21年度の中期経営計画を発表。新薬開発を加速するとともに、徹底的なコスト削減に取り組み、収益の回復を図る。

生化学、間質性膀胱炎治療薬の米国P1/2試験開始

生化学工業は11月8日、自社創製の間質性膀胱炎治療薬「SI-722」について、米国で臨床第1/2相(P1/2)試験を始めたと発表した。同薬は、コンドロイチン硫酸にステロイドを結合させた新規化合物。膀胱内に注入するとステロイドを徐放し、持続的に頻尿や膀胱痛などの症状を改善するとされている。

宇部興産、NASH治療薬をノボにライセンス

宇部興産は11月7日、自社創製の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬候補「UD-014」の全世界での独占的ライセンスをデンマークのノボ ノルディスクに供与したと発表した。契約により、ノボはUD-014の開発・製造・販売に関する権利を獲得する。UD-014はSemicarbazide-Sensitive Amine Oxidase/Vascular Adhesion Protein-1(SSAO/VAP-1)阻害薬で、現在、前臨床段階。前臨床試験では、内皮細胞に対する抗炎症作用と抗酸化作用が示されているという。

決算

扶桑薬品工業(2019年4~9月期、11月8日発表)

売上高236億7300万円(前年同期比3.2%増)、営業利益5億8000万円(11.3%減)。主力の人工腎臓用透析剤「キンダリー」や後発医薬品の販売促進により売上高は増加したが、売上原価率の上昇が響いた。

生化学工業(2019年4~9月期、11月8日発表)

売上高155億5500万円(前年同期比9.1%増)、営業利益21億5000万円(123.1%増)。主力の関節機能改善剤「アルツ」は横ばいだったが、眼科手術用補助剤オペガン類や、米国で販売する関節機能改善剤「ジェル・ワン」が好調だった。医薬品製造設備の収益性低下に伴い123億円の減損損失を計上したことで、純利益は107億6600万円の赤字となった。

沢井製薬(2019年4~9月期、11月8日発表)

売上高904億8100万円(前年同期比1.9%増)、営業利益152億5500万円(10.8%増)。価格下落の影響で米国事業が減収減益となったものの、17~18年度に収載された新製品が伸びた国内事業でカバーした。


Back To Top
×Close search
Search