skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【10/15~10/18】

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【10/15~10/18】

2019年10月15日(火)

武田 中近東・アフリカのOTCなど、スイス企業に売却

武田薬品工業は10月15日、中近東・アフリカで販売する一般用医薬品と医療用医薬品の一部を、スイスAcinoに売却すると発表した。売却額は2億ドル以上となる見通し。

売却は来年1〜3月に完了する予定。武田はシャイアー買収による負債を圧縮するため、ノンコア資産の売却を進めている。

第一三共 アステラスからアジアで販売中の3製品を譲受

第一三共は10月15日、アステラス製薬がアジア6カ国で販売している3製品を譲受することで合意したと発表した。対象は▽制吐薬「ナゼア」(一般名・ラモセトロン)▽降圧薬「ペルジピン」(ニカルジピン)▽降圧薬「オルデカ」(バルニジピン)――で2019年3月期の売上高は約50億円。第一三共はアステラスに譲受の対価として96億円を支払う。

第一三共は、抗がん剤製品とのシナジーや循環器製品の販売基盤の有効活用を期待している。

ステラファーマ、先駆け指定のBNCT用ホウ素薬剤を申請

ステラファーマは10月15日、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)用ホウ素薬剤ボロファランを頭頸部がんの適応で申請したと発表した。

BNCTは放射線療法の1種。投与したホウ素はがん細胞に集まり、中性子線を照射すると放射線を発し、がん細胞を破壊する。同薬は先駆け審査指定制度の対象品目に指定されている。

サノフィと科研、クレキサンの販売提携終了へ

サノフィと科研製薬は10月15日、血液凝固阻止薬「クレキサン」(エノキサパリン)の販売提携を年内で終了すると発表した。同薬は静脈血栓塞栓症の発症抑制に用いる薬剤で、2008年にサノフィが承認を取得。10年から科研が販売と情報提供活動を行っている。来年1月以降はサノフィが単独で販売と販促を行う。

エーザイ 抗てんかん薬「フィコンパ」中国で承認

エーザイは10月15日、抗てんかん薬「フィコンパ」(ペランパネル)が中国で承認されたと発表した。適応は、12歳以上の部分てんかんに対する併用療法(二次性全般化発作を含む)。同薬はエーザイが創製したAMPA受容体拮抗薬で、中国では優先審査品目に指定されていた。

久光、経皮吸収型統合失調症治療薬が米国で承認

久光製薬は10月15日、米国で申請していた経皮吸収型統合失調症治療薬「SECUADO」(アセナピン)が11日付で承認を取得したと発表した。米国で経皮吸収型の統合失調症治療薬が承認されたのは初めて。

メディネット 国がんとがん免疫療法を共同研究

メディネットは10月15日、国立がん研究センターと、がん抗原タンパク質の1つHeat Shock Protein105(HSP105)を標的とする新たながん免疫療法の実現に向けた共同研究契約を結んだと発表した。

HSP105は大腸がんや肺がん、膵がんなどほとんどのがん細胞で過剰発現する抗原で、国がんが同定。メディネットが特許を持つHSP105由来ペプチドを用いた医師主導第1相(P1)試験の結果をもとに、共同研究を進めていくという。

日立 AIを活用した医療経済評価解析ツールの提供開始

日立製作所は10月15日、AI(人工知能)を使って医薬品や医療機器の費用対効果評価の解析を支援する「Hitachi Digital Solutions for Pharma/医療経済評価ソリューション」の提供を開始したと発表した。日立独自のAI技術によるビッグデータ解析を活用。今年4月に制度化された費用対効果評価制度に伴う業務や、開発戦略立案業務を大幅に効率化することができるという。

エルピクセル、脳MRIのAI解析プログラム医療機器を発売

エルピクセルは10月15日、脳MRI画像をディープラーニング(深層学習)で解析し、脳動脈瘤の疑いがある部分を検出する医用画像解析ソフトウェア「エイル アニュリズム」を発売したと発表した。同製品は、脳MRI分野のプログラム医療機器として今年9月に国内で初めて薬事承認を取得。医師のMRI画像読影をサポートすると期待されている。

 

2019年10月16日(水)

塩野義「ゾフルーザ」予防適応の追加を申請

塩野義製薬は10月16日、抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」(一般名・バロキサビル マルボキシル)について、予防適応の追加を日本で申請したと発表した。申請は、インフルエンザ患者の同居家族または共同生活者750人を対象に行った国内臨床第3相(P3)試験の結果に基づく。塩野義の発表によると、同試験でゾフルーザはプラセボに比べてインフルエンザの発症を86%減少させた。

オーファンパシフィック、MSDからジアゾキシドを承継

オーファンパシフィックは10月15日、MSDから高インスリン血性低血糖症治療薬「ジアゾキシドカプセル『MSD』」の国内での製造販売承認を11月12日付で承継すると発表した。承継に伴い、製品名は「ジアゾキシドカプセル『OP』」に変更する。オーファンパシフィックは2017年から販売元として同薬の販売と情報提供・情報収集を行っている。

ノバルティス 患者申出療養に基づく臨床研究に抗がん剤を無償提供

ノバルティスファーマは10月15日、国立がん研究センターが患者申出療養制度の下で行う臨床研究に抗がん剤を無償提供すると発表した。研究では、がん遺伝子パネル検査で治療候補となる遺伝子変異が見つかったものの、治療選択肢がない患者を対象に、既承認薬を適応外使用してその治療効果を検討。国立がん研究センターが調整事務局となり、がんゲノム医療中核拠点病院11施設が参加する。ノバルティスが提供するのは、「ジカディア」「グリベック」「アフィニトール」など9製品。

デ・ウエスタン・セラピテクス、ユビエンスと標的タンパク質分解誘導薬の共同研究

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は10月16日、ユビエンスと標的タンパク質分解誘導薬の創出を目指して共同研究を行うと発表した。標的タンパク質分解誘導薬は、疾患に関連する異常なタンパク質をユビキチン化して特異的に分解するもの。両社の共同研究は眼科領域疾患が対象。デ・ウエスタン・セラピテクス研究所の化合物をユビエンスとともに標的タンパク質分解誘導薬に変換し、分解特性の評価を行う。

 

2019年10月17日(木)

第一三共、トラスツズマブ デルクステカンを米国でも申請

第一三共は10月17日、大型化を期待する抗HER2抗体薬物複合体(ADC)トラスツズマブ デルクステカン(開発コード・DS-8201)について、「HER2陽性乳がん」を対象に米国で申請し、FDA(食品医薬品局)に受理されたと発表した。優先審査に指定され、審査終了目標日は来年4~6月に設定された。日本でも今年9月に申請している。

大日本住友 豪サイナータへの買収提案を取り下げ

大日本住友製薬は10月17日、再生・細胞医薬品を手掛けるオーストラリアのサイナータに対する買収提案を取り下げたと発表した。大日本住友は150億円規模での買収を提案していたが、条件面で合意に至らなかった。

サイナータは他家iPS細胞由来間葉系幹細胞を使った再生医療等製品を開発しており、今年9月には移植片対宿主病を対象とした「CY-001」を富士フイルムに導出している。

日立化成、FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の体外診断薬が保険適用

日立化成は10月17日、FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の体外診断用医薬品「デタミナーCL FGF23」が今月1日付で保険適用になったと発表した。同製品は子会社の日立化成ダイアグノスティックス・システムズが開発し、昨年承認を取得。同社の全自動化学発光免疫測定装置を使い、血清中のFGF23濃度を測定できるようにした。

FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症に対しては今年9月、協和キリンの抗FGF23抗体「クリースビータ」(一般名・ブロスマブ)が承認されている。

 

2019年10月18日(金)

武田 国内営業の新卒採用、英語力を基準に導入

武田薬品工業は10月18日、国内の医療用医薬品事業を所管するジャパンファーマビジネスユニットの新卒採用で、英語力を採用基準の1つに導入すると発表した。2020年度入社の一部選考で導入し、21年度入社から本格的に運用を開始。従来はMRとしての適性をみて採用してきたが、日本から次世代のリーダーを輩出するため採用基準を見直した。

あわせて、入社後の早い段階で国内外でMR以外の職種を経験する機会を設ける。

塩野義 「ゾフルーザ」米国で高リスク患者に適応拡大

塩野義製薬は10月18日、抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」(一般名・バロキサビル マルボキシル)について、米国で適応拡大の承認を取得したと発表した。承認されたのは「合併症を併発するリスクが高い患者の、発症後48時間以内の急性インフルエンザウイルス感染症(12歳以上)」。高齢患者や肺疾患・代謝性疾患などの基礎疾患を持つ患者に使用できる抗インフルエンザ薬は米国で初めて。

塩野義 試験中止のアルツハイマー病薬、臨床データを研究活用

塩野義製薬は10月18日、米ヤンセン、アルツハイマー治療薬研究基金(ADDF)と臨床検体アクセス契約の締結に向けて合意したと発表した。

塩野義とヤンセンは、開発を中止したアルツハイマー病治療薬のデータや検体の活用を目指し、患者に許可をとった上で研究機関に提供する契約の締結に向けて調整。データや検体は、ADDFが支援するアルツハイマー関連疾患バイオマーカーの研究開発に利用されるという。


Back To Top
×Close search
Search