skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

サルコイドーシス | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】


サルコイドーシスは、原因不明の炎症性疾患です。肉芽腫の組織浸潤が特徴で、最も多いのが肺及びリンパ節への浸潤ですが、皮膚、心臓、眼、肝臓及びその他の組織に及ぶ場合もあります。

サルコイドーシス患者の多くは非進行性または治療なしに寛解を得ていますが、より重度の場合は臓器障害(肺線維症など)を起こし、薬物療法が必要となります。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

サルコイドーシスは、原因不明の炎症性疾患です。

肉芽腫の組織浸潤が特徴で、最も多いのが肺及びリンパ節への浸潤ですが、皮膚、心臓、眼、肝臓及びその他の組織に及ぶ場合もあります。

サルコイドーシス患者の多くは非進行性または治療なしに寛解を得ていますが、より重度の場合は臓器障害(肺線維症など)を起こし、薬物療法が必要となります。

多くの場合は経口グルココルチコイドが用いられます。エビデンスレベルは高くないものの、従来の経口免疫抑制剤及びTNF-α阻害薬も用いられています。経口コルチコステロイドで不奏効または不忍容の患者に対する治療選択肢の承認が強く求められています。

QUESTIONS ANSWERED

  • 新規に診断されたサルコイドーシス患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
  • プレドニゾン、経口免疫抑制剤、TNF-α阻害薬はどのように治療アルゴリズムに組み込まれているか?それぞれどのタイプの医療施設で使用されているか?
  • 診断から治療開始までの期間、及び1年以内に治療を開始するサルコイドーシス患者の割合は?診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
  • 単剤療法、併用療法を受けているサルコイドーシス患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?
  • 薬物療法を受ける患者の製品レベルでのコンプライアンス及び治療継続率は?

Back To Top
×Close search
Search