skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

過敏性腸症候群(IBS) | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】


過敏性腸症候群(IBS)は慢性の消化管疾患で、腸管運動、便の固さ、排便頻度、切迫感等の変化が特徴です。通常、便秘型、下痢型、混合型の3つのサブタイプに区分されますが、本分析では下痢型の過敏性腸症候群(IBS-D)に焦点を当てます。

治療選択肢は限られており、 IBS-Dを適応症としてFDA承認された薬剤はわずか数製品にすぎません。現在の治療には抗うつ薬(適応外処方)、運動刺激薬(適応外処方)、抗コリン薬(適応外処方)、5-HTR調節薬(Sebela PharmaceuticalsのLotronex)、最近承認された抗生剤(Salix PharmaceuticalsのXifaxan)及びオピオイドデルタ受容体拮抗薬(アラガンのViberzi)が用いられています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

過敏性腸症候群(IBS)は慢性の消化管疾患で、腸管運動、便の固さ、排便頻度、切迫感等の変化が特徴です。通常、便秘型、下痢型、混合型の3つのサブタイプに区分されますが、本分析では下痢型の過敏性腸症候群(IBS-D)に焦点を当てます。

治療選択肢は限られており、 IBS-Dを適応症としてFDA承認された薬剤はわずか数製品にすぎません。現在の治療には抗うつ薬(適応外処方)、運動刺激薬(適応外処方)、抗コリン薬(適応外処方)、5-HTR調節薬(Sebela PharmaceuticalsのLotronex)、最近承認された抗生剤(Salix PharmaceuticalsのXifaxan)及びオピオイドデルタ受容体拮抗薬(アラガンのViberzi)が用いられています。

QUESTIONS ANSWERED

  • 新規に診断された下痢型過敏性腸症候群患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
  • Xifaxan及びViberziはどのように治療アルゴリズムに組み込まれているか?
  • 診断から治療開始までの期間、及び1年以内に治療を開始する下痢型過敏性腸症候群患者の割合は?診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
  • 単剤療法、併用療法を受けている下痢型過敏性腸症候群患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?
  • 薬物療法を受ける患者の製品レベルでのコンプライアンス及び治療継続率は?

Back To Top
×Close search
Search