skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

線維筋痛症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】


線維筋痛症は複雑な疾患で、治療も困難です。患者によって病態が多様で、多くの場合併存疾患が見られ、疼痛、うつ、疲労、睡眠障害など多くの症状を伴います。

線維筋痛症でFDA承認済みの薬剤(ファイザーのリリカ、アラガンのSavella、デュロキセチン)の有効性は十分ではなく、症状軽減のため抗うつ薬、鎮痛薬、筋弛緩薬、睡眠薬など多様な薬剤が適応外処方されています。

線維筋痛症の認識、診断、治療は過去10年間で劇的に改善したものの、患者の治療過程は依然複雑で、治療中断率が高く、薬剤変更や多剤併用が多いのが特徴です。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

線維筋痛症は複雑な疾患で、治療も困難です。患者によって病態が多様で、多くの場合併存疾患が見られ、疼痛、うつ、疲労、睡眠障害など多くの症状を伴います。線維筋痛症でFDA承認済みの薬剤(ファイザーのリリカ、アラガンのSavella、デュロキセチン[イーライリリーのサインバルタ、ジェネリック])の有効性は十分ではなく、症状軽減のため抗うつ薬、鎮痛薬、筋弛緩薬、睡眠薬など多様な薬剤が適応外処方されています。線維筋痛症の認識、診断、治療は過去10年間で劇的に改善したものの、患者の治療過程は依然複雑で、治療中断率が高く、薬剤変更や多剤併用が多いのが特徴です。

QUESTIONS ANSWERED

  • 新規に診断された線維筋痛症患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
  • 線維筋痛症を適応症として承認済みのリリカ、Savella、デュロキセチンはどのように治療アルゴリズムに組み込まれているか? それぞれどのタイプの医療施設で使用されているか?
  • 診断から薬物療法開始までの期間、及び1年以内に薬物療法を開始する線維筋痛症患者の割合は?診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
  • 単剤療法、併用療法を受けている線維筋痛症患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?
  • 薬物療法を受ける患者の製品レベルでのコンプライアンス及び治療継続率は?

Back To Top
×Close search
Search