skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

三叉神経痛| 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】


三叉神経痛は強い痛みを伴う希少疾患であり、通常非侵害性の刺激によって引き起こされ、三叉神経領域において発作性神経障害性の顔面痛が生じます。米国で三叉神経痛治療薬として唯一承認されているのはカルバマゼピン(テグレトール、ジェネリック)ですが、安全性及び忍容性上の懸念からその使用は限定的です。

このため、三叉神経痛患者はオクスカルバゼピン(Supernus PharmaceuticalsのOxtellar XR、ジェネリック)、ガバペンチン(Neurontin、ジェネリック)、オピオイド鎮痛薬、さらには神経筋ブロック薬(アラガンのボトックス)といった多様な適応外処方の薬剤で管理されることもあります。三叉神経痛患者の大多数は難治性であるため、こうした患者に対するより有効な治療選択肢が必要とされています。

本レポートでは米国における三叉神経痛の治療の実態を調査するためリアルワールドデータを用い、診断後の治療までの時間から、新規薬物療法の使用薬剤の詳細、単独療法、併用療法の実態、コンプライアンス、そして1年後の患者の状態と治療薬に関して詳細に調査を加えた。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

三叉神経痛は強い痛みを伴う希少疾患であり、通常非侵害性の刺激によって引き起こされ、三叉神経領域において発作性神経障害性の顔面痛が生じます。米国で三叉神経痛治療薬として唯一承認されているのはカルバマゼピン(テグレトール、ジェネリック)ですが、安全性及び忍容性上の懸念からその使用は限定的です。

このため、三叉神経痛患者はオクスカルバゼピン(Supernus PharmaceuticalsのOxtellar XR、ジェネリック)、ガバペンチン(Neurontin、ジェネリック)、オピオイド鎮痛薬、さらには神経筋ブロック薬(アラガンのボトックス)といった多様な適応外処方の薬剤で管理されることもあります。三叉神経痛患者の大多数は難治性であるため、こうした患者に対するより有効な治療選択肢が必要とされています。

本レポートでは米国における三叉神経痛の治療の実態を調査するためリアルワールドデータを用い、診断後の治療までの時間から、新規薬物療法の使用薬剤の詳細、単独療法、併用療法の実態、コンプライアンス、そして1年後の患者の状態と治療薬に関して詳細に調査を加えた。

DRGの「クレームデータ分析 Claim Data Analysisi」レポートシリーズは、米国の疾患別での治療実態をリアルワールドデータを活用して治療の実態を分析している。神経性疼痛のアメリカでの治療実態に関しては、三叉神経痛のほかに、糖尿病性神経障害に伴う痛み、帯状疱疹後神経痛にかかんしてもリアルワールドを活用した調査レポートが発行されている。

QUESTIONS ANSWERED

• 診断から薬物療法開始までの期間、及び1年以内に薬物療法を開始する三叉神経痛患者の割合は?診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
• 新規に診断された三叉神経痛患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
• 承認されているものの、安全性・忍容性に問題を持つカルバマゼピンは治療アルゴリズムにどのように組み込まれているか?
• 単剤療法、併用療法を受けている三叉神経痛患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?
• 薬物療法を受ける患者の製品レベルでのコンプライアンス及び治療継続率は?


Back To Top
×Close search
Search