skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

多発性硬化症 | 治療アルゴリズム:クレームデータ分析|米国【DRGレポート】


多発性硬化症(MS)に対する疾患修飾薬(DMT)は10品以上が使用可能で、MS患者の治療過程は多様かつ複雑です。本レポートでは、多発性硬化症の新規診断及び最近治療を受けた患者における疾患修飾薬の現在の使用状況を明らかにし、治療期間及び薬剤の変更パターン、各薬剤の治療継続率やコンプライアンスなどを含め、各治療ラインを考察します。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

多発性硬化症(MS)に対する疾患修飾薬(DMT)は10品以上が使用可能で、MS患者の治療過程は多様かつ複雑です。本レポートでは、多発性硬化症の新規診断及び最近治療を受けた患者における疾患修飾薬の現在の使用状況を明らかにし、治療期間及び薬剤の変更パターン、各薬剤の治療継続率やコンプライアンスなどを含め、各治療ラインを考察します。

多発性硬化症(MS)に対する疾患修飾薬(DMT)は10品以上が使用可能で、MS患者の治療過程は多様かつ複雑です。疾患の異質性が高く病態が多様であるため、個別の患者に適した治療方針決定が必要であること、各薬剤のプラス・マイナスの特性を考慮し、いずれの薬剤も受け入れられてきましたが、当市場は混戦状態にあり、今後は新製品が発売されるたび、各社とも自社製品のポジショニングを再検討する必要があります。さらにジェネリック薬による影響も予想される。
一方で、十分な効果が得られなかった場合に、より高い効果の期待できる薬剤に切り替えていくエスカレーションセラピー、非常に高い有効性の薬剤による早期介入のどちらが望ましいかという点には議論が残されています。このため治療ライン毎の選択肢は今後も変化を遂げそうです。

QUESTIONS ANSWERED

• 新規に診断された多発性硬化症(MS)患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
• 新たに市場参入を果たした薬剤はどのように治療アルゴリズムに組み込まれているか?
• 診断から治療開始までの期間、及び2年以内に治療を開始するMS患者の割合は?診断後2年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
• 薬物療法を受けるMS患者の製品レベルでのコンプライアンス及び治療継続率は?


Back To Top
×Close search
Search