skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

乾癬 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国【DRGレポート】


乾癬治療薬市場は、生物学的製剤の使用の増加によって、高収益の見込める市場になりつつあります。非常に効果的なIL-17及びIL-23阻害薬の導入によって腫瘍壊死因子(TNF)-α阻害薬及びインターロイキン(IL)-12/23阻害薬ウステキヌマブ(ヤンセンのステラーラ)の圧倒的地位が脅かされつつあります。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

乾癬治療薬市場は、生物学的製剤の使用の増加によって、高収益の見込める市場になりつつあります。非常に効果的なIL-17及びIL-23阻害薬の導入によって腫瘍壊死因子(TNF)-α阻害薬及びインターロイキン(IL)-12/23阻害薬ウステキヌマブ(ヤンセンのステラーラ)の圧倒的地位が脅かされつつあります。
特に、セクキヌマブ(ノバルティスのコセンティクス)は発売後、数年間で目覚ましい成長を見せましたが、新たに有効性に優れたIL-17阻害薬(イキセキズマブ[イーライリリーのトルツ]、ブロダルマブ[Bausch Health/レオファーマ/協和発酵キリンのSiliq/Kyntheum/ルミセフ])、さらにIL-23阻害薬(ヤンセンのグセルクマブ[トレムフィア]及び発売間もないメルク/Sun Pharma/Almirallのtildrakizumab [Ilumya/Ilumetri]とアッヴィのリサンキズマブ[スキリージ])との競争に直面しています。これらに加えて、すでに確立された生物学的製剤をめぐっても、バイオシミラーの登場に伴い、変化が予想されます。

調査におけるキーポイント

    • インタビューに回答したキーオピニオンリーダーはIL-17阻害薬(コセンティクス、トルツ、Siliq/Kyntheum/ルミセフ、UCBのbimekizumab)の有効性及び安全性をどのように評価しているか?これらの薬剤は乾癬治療アルゴリズムにどう位置づけられているか/今後どう位置づけられると思われるか?
    • IL-23阻害薬(グセルクマブ、tildrakizumab、リサンキズマブ、イーライリリーのmirikizumab)がもたらす影響は?競争の激しい当市場でそれぞれどのような売上が予想されるか?
    • 経口薬アプレミラスト(セルジーンのオテズラ錠)はどのように乾癬治療に用いられているか?この他に開発段階の有望な経口薬とは?
    • 乾癬治療においてバイオシミラーの使用はどのぐらい急速に進むか?患者シェア及び売上で最も深刻な打撃を受けるのはどのブランド薬だと予想されるか?

報告書の調査範囲

対象国: 日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン
調査方法: 20名のオピニオンリーダー医師への詳細なインタビュー及び二次調査に基づき、DRG専門アナリストが分析・洞察します。
疫学: 乾癬の総有病者数、診断有病者数、及び薬物治療者数
重症度別による乾癬診断有病者数
患者セグメント: 急性期治療、維持療法
治療薬の評価: フェーズII(14品目)、フェーズIII/申請中(7品目)。市場に影響を及ぼすと思われる前臨床/フェーズI製品を含む。

Back To Top
×Close search
Search