skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【7/16~7/19】

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【7/16~7/19】

2019年7月16日(火)

武田 CiRAと共同開発のiPS由来CAR-Tを承継、臨床試験開始へ

武田薬品工業は7月16日、京都大iPS細胞研究所(CiRA)と共同で創製したiPS細胞由来のCAR-T細胞療法(iCART)について、研究成果を両者の共同研究プログラム「T-CiRA」から武田に承継したと発表した。武田はiCARTに関する全世界での開発・商業化権を持ち、2021年のファースト・イン・ヒューマン試験の開始を目指す。iCARTは、CiRAのiPS細胞ストックをもとにクローン化したiPS細胞を使用。CD19を標的とするiCARTは、非臨床試験で強い抗腫瘍効果が確認されているという。

そーせい、米ジェネンテックとGPCRに作用する新薬の開発で提携

そーせいグループは7月16日、スイス・ロシュグループの米ジェネンテックと、Gタンパク質共役受容体(GPCR)に作用する新薬の開発で提携を結んだと発表した。

提携では、ジェネンテックが選んだ複数のGPCRターゲットに対し、そーせいG独自のGPCR構造ベース創薬技術を使って共同研究を実施。ジェネンテックは、共同研究で得られた化合物のグローバルでの独占的権利を獲得する。そーせいGは、契約一時金と初期マイルストンとして計2600万ドル(約28億2200万円)を受領。総額10億ドル(約1085億円)を超えるマイルストンや販売ロイヤルティを受け取る権利も持つ。

塩野義、ドルテグラビル配合の抗HIV薬「Dovato」が欧州で承認

塩野義製薬は7月16日、資本参加している英ヴィーヴヘルスケアが欧州で抗HIV薬「Dovato」の承認を取得したと発表した。同薬は塩野義と英グラクソ・スミスクラインが共同創製したインテグラーゼ阻害薬ドルテグラビルと、逆転写酵素阻害薬ラミブジンの2剤配合錠。今年4月に米国でも承認されている。

 

2019年7月17日(水)

アステラス、ADCエンホルツマブ ベドチンを米国で申請

アステラス製薬は7月17日、米シアトル・ジェネティクスと共同開発している抗体薬物複合体(ADC)エンホルツマブ ベドチンを米国で申請したと発表した。適応は、白金製剤およびPD-1/PD-L1阻害薬による治療歴のある局所進行性または転移性尿路上皮がん。

同薬は、尿路上皮がんで高発現するネクチン-4を標的としたADC。現在、グローバルでの申請に向けたP3試験を行っているほか、より早期の患者を対象とした試験も進めている。

小野薬品、山口工場が完成…オプジーボなど製造

小野薬品工業は7月17日、約210億円を投じて建設を進めていた山口工場(山口市)が完成したと発表した。2020年春に操業を始める予定。同工場は高活性医薬品や抗体医薬に対応できる製造ラインを備えており、主力の免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」や多発性骨髄腫治療薬「カイプロリス」などの注射剤を製造する。

アステラス 米社から難聴治療の開発・商業化権を獲得

アステラス製薬は7月17日、米Frequency Therapeuticsから、同社が開発中の感音難聴治療薬「FX-322」について、米国を除く全世界での開発・商業化権を獲得する独占的ライセンス契約を結んだと発表した。FX-322は、低分子化合物を組み合わせたもので、内耳に存在する前駆細胞を有毛細胞に分化させることで、聴力の回復を促す。米国では臨床第1/2相試験を終えており、Frequencyは今年10~12月期にP2a試験を始める予定。

契約に基づき、アステラスは一時金8000万ドルを支払うほか、最大5億4500万ドルのマイルストンと売上高に応じたロイヤリティを支払う可能性がある。

エーザイ、抗がん剤「ハラヴェン」が中国で承認

エーザイは7月17日、抗がん剤「ハラヴェン」(一般名・エリブリン)が中国で承認を取得したと発表した。適応は「アントラサイクリン系およびタキサン系抗がん剤を含む2レジメン以上の化学療法歴のある局所進行性または転移性乳がん」。

GEヘルスケアと日本テクト、認知症診断プログラムの開発で提携

GEヘルスケア・ジャパンと日本テクトシステムズは7月17日、認知症の早期スクリーニング・診断・治療のプラットフォーム構築に向けて提携すると発表した。両社はまず、GEヘルスケアの診断技術と日本テクトのITサービスを組み合わせ、認知症の病型鑑別を可能にする医療機器プログラムの開発・承認を目指す。

 

2019年7月19日(金)

大日本住友、再生・細胞医薬品の豪サイナータと買収交渉

大日本住友製薬は7月19日、再生・細胞医薬品を手がけるサイナータ(オーストラリア)と、買収に向けた交渉を行っていることを明らかにした。同日付のサイナータの発表によると、大日本住友は1株あたり2オーストラリアドルでサイナータの発行済み全株式の取得を提案。実現すれば150億円規模の買収となる。大日本住友はサイナータの発表を受け、買収提案を認める一方、「現時点で決定した事実はない」としている。

サイナータは他家iPS細胞由来の間葉系幹細胞を使った再生医療を開発しており、移植片対宿主病を対象に開発中の「CYP-001」は臨床第1相(P1)試験を終了。サイナータには富士フイルムが出資しており、CYP-001の開発で提携している。

オプジーボ、スチバーガとの併用療法開発へ…マイクロサテライト安定性大腸がんで

小野薬品工業は7月19日、独バイエル、米ブリストル・マイヤーズスクイブと提携し、免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」(一般名・ニボルマブ)とバイエルの抗がん剤「スチバーガ」(レゴラフェニブ)の併用療法を開発すると発表した。対象は、転移性大腸がんの95%を占めるマイクロサテライト安定性の転移性大腸がん。両剤の併用は、日本で行われた医師主導P1b試験(REGONIVO試験)で有望な結果が出ているという。


Back To Top
×Close search
Search