skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【6/24~6/28】

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【6/24~6/28】

2019年6月24日(月)

第一三共のキザルチニブ、米FDAの承認得られず

第一三共は6月24日、米国で申請していたFLT3阻害薬の急性骨髄性白血病治療薬キザルチニブについて、米FDA(食品医薬品局)から現在の申請内容では承認しないことを示す審査完了報告通知を受け取ったと発表した。FDAの諮問委員会は先月「ベネフィットがリスクを上回らない」と承認に否定的な見解を示していた。

第一三共は「審査完了報告通知の内容を精査し、米国での次のステップを決める」としている。日本では「ヴァンフリタ」の製品名で今月18日に承認された。

塩野義 ルストロンボパグとepertinibを中国Eddingグループに導出

塩野義製薬は6月24日、トロンボポエチン受容体作動薬ルストロンボパグ(日本製品名・ムルプレタ)とHER2/EGFR阻害薬epertinibについて、中国のEddingpharmグループに導出する契約を結んだと発表した。契約に基づき、塩野義は契約一時金、開発・販売マイルストンなどを受け取る。

ルストロンボパグについては、Eddingに中国・香港・マカオでの独占販売権を付与。中国での承認申請は両社が共同で行い、発売後は塩野義がEddingに製品を供給する。epertinibは、EddingグループのEOCPharmaに導出。同社がHER2陽性乳がんを対象に開発を始める。

国がん・みらかHD・三井不動産、がんに特化したライフサイエンス拠点を形成へ

国立がん研究センターとみらかホールディングス(HD)、三井不動産は6月24日、千葉県柏市の「柏の葉エリア」に、がんの「治癒」と「克服」を目指したライフサイエンス拠点を形成すると発表した。三井不動産が同エリアに整備予定の民間ラボを軸に連携・協力を進め、アカデミアや企業に対して研究開発の支援やコンサルテーションなどを行う予定。

エイワイファーマ、新社長に稲垣氏が昇格

エイワイファーマは6月21日、稲垣伸一・常務取締役生産本部長が同日付で代表取締役社長に昇格したと発表した。古矢元一前社長は非常勤の相談役に退いた。

リプロセル インドに生体試料バンク運営の合弁会社

リプロセルは6月21日、インドの主要病院グループの1つであるKamineni Life Science Pvt.Ltd.と、同国で生体試料バンクを運営する合弁会社を設立すると発表した。リプロセルは、ヒトの細胞や組織を使った創薬支援サービスを展開しており、人口の多いインドに生体試料バンクを開設することで細胞や組織の調達能力を強化する。インドでの合弁会社設立は、米国のがん研究施設Fox Chase Cancer Centerと立ち上げた合弁会社を通じて行う。

 

2019年6月25日(火)

カルナバイオ、米ギリアドとがん免疫療法の研究開発で提携

カルナバイオサイエンスは6月25日、米ギリアド・サイエンシズとがん免疫療法の研究開発で提携すると発表した。

カルナバイオは、自社で創製したがん免疫療法低分子化合物の全世界での開発・商業化権をギリアドに付与。さらに、カルナバイオが開発した脂質キナーゼ阻害薬に関する創薬基盤技術を、一定期間、ギリアドが独占的に使用できるようにする。

提携に伴いカルナバイオは、一時金2000万ドル(約21億円)を受け取るほか、最大4億5000万ドル(約472億円)のマイルストンを受領。発売後は、売上高に応じたロイヤリティを受け取る。一時金収入により、2019年12月期は各利益とも黒字となる見通し。

第一三共「オムニパーク」など造影剤4製品を承継

第一三共は6月25日、「オムニパーク」など造影剤4製品について、日本での独占的開発・販売権を米GEヘルスケアに返還し、国内の製造販売承認を日本法人のGEヘルスケアファーマに承継すると発表した。対象はオムニパークのほか、「オムニスキャン」「ビジパーク」「ソナゾイド」。承継は2020年3月の予定で、22年3月までは第一三共が流通を担う。

第一三共の決算によると、オムニパークの19年3月期の売上高は120億円(前期比14.4%減)。

小野薬品 米社からがん代謝阻害薬を導入

小野薬品工業は6月25日、米Rafael Pharmaceuticals(ニュージャージー州)と、同社が開発中のがん代謝阻害薬「CPI-613」(一般名・devimistat)とその関連化合物に関するライセンス契約を結んだと発表した。契約により小野は、日本・韓国・台湾・ASEAN諸国で同薬と関連化合物を独占的に開発・商業化する権利を獲得。一時金として14億円、開発の進捗と販売に応じたマイルストンとして最大162億円を支払うほか、売上高に応じた二桁台の料率のロイヤリティを支払う。

CPI-613は、細胞のミトコンドリア分画に存在し、細胞の増殖や生存に必要となるトリカルボン酸サイクルが標的。化学療法に対する感受性を高めるとされ、低用量の化学療法と併用することで有効性と安全性の向上が期待される。

米ブリストル、セルジーン買収に遅れ…完了は「19年末から20年はじめ」

米ブリストル・マイヤーズスクイブは6月24日、従来は今年7~9月の完了を予定していた米セルジーン買収が、19年末から20年はじめにずれ込むとの見通しを発表した。米連邦取引委員会(FTC)による承認手続きに想定より時間がかかっているため。

ブリストルはFTCの懸念を踏まえ、セルジーンの主力品の1つである乾癬治療薬「オテズラ」の売却を検討していることも明らかにした。

MSD、抗菌薬「ザバクサ」発売

MSDは6月25日、抗菌薬「ザバクサ」を発売したと発表した。同薬は、新規セフェム系抗菌薬のセフトロザンにβ-ラクタマーゼ阻害薬タゾバクタムを配合した注射用抗菌薬。▽レンサ球菌属▽大腸菌▽シトロバクター属▽クレブシエラ属▽エンテロバクター属▽プロテウス属▽緑膿菌――に抗菌活性を持ち、膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎、肝膿瘍の適応で承認された。薬価は1.5g1瓶6335円で、ピーク時に薬価ベースで66億円の売り上げを見込んでいる。

がん研と凸版印刷 共同ラボを開設

がん研究会と凸版印刷は6月25日、がん研のがん化学療法センター内に共同ラボを開設したと発表した。凸版印刷の細胞培養技術を活用し、がん微小環境を再現する人口組織の構築や、それを用いた抗がん剤の効果の評価などに取り組む。

千寿製薬、新社長に吉田周平副社長が昇格

千寿製薬は6月24日、代表取締役社長に吉田周平・取締役副社長(46)が昇格する人事を発表した。就任は25日付。吉田有宏社長は代表取締役会長に、吉田祥二会長は相談役に就く。同社は「新たな経営体制で、海外展開をはじめとした様々な経営課題に対し、ダイナミックかつスピーディーに取り組む」としている。

 

2019年6月26日(水)

米アッヴィ、アイルランド・アラガン買収へ…総額6.7兆円

米アッヴィは6月25日、アイルランド・アラガンの買収で合意したと発表した。買収額は630億ドル(約6兆7400億円)。今年の製薬業界では、1月に発表された米ブリストル・マイヤーズスクイブによる米セルジーン買収(総額740億ドル=約7兆9200億円)に次ぐ規模のM&Aとなる。買収手続きは2020年はじめに完了する見通し。

18年の両社の売上高を単純合算すると485.4億ドル(約5兆1900億円)。アッヴィは主力の抗TNFα抗体「ヒュミラ」の特許切れへの対応に迫られており、美容領域や眼科領域などに強いアラガンを買収することで、収益基盤の多角化を図る。

抗HIV薬「シムツーザ」7月3日に薬価収載

中央社会保険医療協議会(中医協)総会は6月26日、ヤンセンファーマの抗HIV薬「シムツーザ」(一般名・ダルナビル/コビシスタット/エムトリシタビン/テノホビル アラフェナミド)の薬価収載を了承した。7月3日収載される予定。薬価は1錠4751.00円で、1日1回1錠服用する。ピーク時の売上高予測は64億円。

武田 途上国・新興国での疾病予防に46億円拠出

武田薬品工業は6月25日、途上国・新興国での疾病予防や医療アクセスの改善に向け、▽City Cancer Challenge▽Drugs for Neglected Diseases initiative(DNDi)▽SeriousFun Children’s Network▽ユニセフ▽国連財団――の5団体に46億円を拠出すると発表した。CSR(企業の社会的責任)活動の一環で、拠出先は従業員約2万人の投票で決めた。

 

2019年6月27日(木)

日本調剤 三津原社長が辞任、後任に長男の庸介氏

日本調剤は6月27日、三津原博社長が同日付で辞任し、後任に長男で専務取締役の庸介氏が就任したと発表した。三津原氏から「一身上の都合により業務の執行に支障が出る」と辞任の申し出があったという。

新社長の庸介氏は1999年入社。営業推進部長や子会社・日本ジェネリック取締役などを経て、17年6月から現職。43歳。

中外 がん遺伝子パネル検査「ロズリートレク」のコンパニオン診断として承認

中外製薬は6月27日、がん遺伝子パネル検査「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」について、ROS1/TRK阻害薬「ロズリートレク」(一般名・エヌトレクチニブ)のコンパニオン診断として追加承認を取得したと発表した。同薬は「NTRK融合遺伝子陽性の固形がん」の適応で今月18日に承認されている。

ノバルティス 「ゾレア」のプレフィルドシリンジ製剤を新発売

ノバルティスファーマは6月27日、抗IgE抗体「ゾレア」(オマリズマブ)のプレフィルドシリンジ製剤を新発売したと発表した。従来の凍結乾燥製剤は投与前に溶解が必要だったが、プレフィルドシリンジではそれが不要となり、利便性の向上が期待される。

ヘリオス、幹細胞製品の中国での開発・販売権交渉を打ち切り

ヘリオスは6月27日、米アサシスから導入した幹細胞製品「MultiStem」について、中国での開発・販売オプション権拡大に向けて行ってきた交渉を打ち切ると発表した。今後は日本での開発に注力し、その結果を踏まえて改めて中国市場での事業拡大を検討するとしている。

東邦HD、新社長に有働常務―東邦薬品社長には馬田氏

東邦ホールディングス(HD)は6月27日、代表取締役社長・COOに有働敦常務を昇格させる人事を発表した。代表取締役副会長・CFOには枝廣弘巳副社長が就任。河野博行代表取締役副会長は代表権のない取締役副会長に就いた。いずれも27日付。

一方、子会社・東邦薬品では、代表取締役社長に馬田明専務が同日付で就任。代表取締役会長には東邦HD取締役の森久保光男氏が就いた。

 

2019年6月28日(金)

ペプチドリーム、スイス・ノバルティスと「ペプチド薬物複合体」の共同研究開発

ペプチドリームは6月28日、スイス・ノバルティスとペプチド薬物複合体(PDC)の共同研究開発契約を結んだと発表した。ノバルティスが選定した標的分子に対し、ペプチドリームが自社のプラットフォームを使って新たな特殊環状ペプチドを同定。これにノバルティスが放射性核種や低分子化合物を結合させてPDCを創製する。ペプチドリームは契約一時金などを受け取るが、金額は非開示。

18年度の後発品シェア74.0%…GE薬協調べ

日本ジェネリック製薬協会は6月28日、2018年度(18年4月~19年3月)の後発医薬品のシェアは74.0%だったと発表した。17年度に比べて4.1ポイント上昇した。

単品単価取引が大幅に増加…厚労省集計

医療用医薬品の流通改善をめぐり、いわゆる「単品単価取引」が2018年度、大幅に増加したことが6月28日、厚生労働省の集計でわかった。18年度の単品単価取引の割合は、200床以上の病院が79.1%(前年度比22.9ポイント増)、20店舗以上のチェーン薬局が97.2%(34.9ポイント増)。19年3月末の妥結率は95.8%(前年同期比2.0ポイント減)だった。

武田「ペイシェント・ファースト・プログラム」を日本で開始

武田薬品工業は6月28日、包括的な患者ケアに取り組む「ペイシェント・ファースト・プログラム」を日本で開始したと発表した。同社のジャパンメディカルオフィスが行うもので、患者のQOL向上や医療従事者らのサポート、医療資源の適正化が目的。ペイシェントジャーニーに関わるステークホルダーの連携を促し、QOL向上に向けた包括的なケアの提供に取り組む。

あゆみ製薬 社長に唐沢副社長

あゆみ製薬は6月27日、唐沢清紀副社長が同日付で社長に就任したと発表した。大内光前社長は退任した。唐沢氏は1975年に立教大法学部卒業後、北越製紙に入社。アボットジャパンなどを経て、2014年にあゆみ製薬の前身である昭和薬品化工執行役員(副社長)に就任し、15年12月から代表取締役副社長を務めた。66歳。

日本製薬 新社長に武田出身の福富氏

日本製薬は6月27日、親会社である武田薬品工業社の福富康浩・社長室担当部長が同日付で社長に就任したと発表した。辻山博之前社長は退任した。武田によるシャイアー買収で、日本製薬の血漿分画製剤事業は武田のグローバル事業の一部に位置付けられることになり、武田の経営中枢で勤務した経験を持つ福富氏を社長に迎えることにしたという。

福富氏は1987年3月京都大経済学部卒業後、武田に入社。2009年英国子会社社長、15年社長室長、17年経営企画部長、19年社長室担当部長。55歳。


Back To Top
×Close search
Search