skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

多発性骨髄腫 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

多発性骨髄腫 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

多発性骨髄腫市場では、サノフィ/ImmunoGenのisatuximab、OncopeptidesのYgalo、Karyopharm Therapeuticsのselinexor、Bluebird Bio/セルジーンのbb2121等の新たな薬剤が最初の承認に向けて開発を進めています。有効性を改善した、新規作用機序を有し、十分に治療を受けられていない患者群に対応できる薬剤には非常に大きな臨床的、商業的可能性があります。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

多発性骨髄腫を適応症に追加する薬剤が相次ぎ、2剤、3剤併用レジメンで高額なブランド薬が使用可能となったのを受け、多発性骨髄腫治療薬の売上が増加しています。

セルジーンのレブラミド及びヤンセン/武田薬品のベルケイドが依然治療の基盤を担っていますが、サノフィ/ImmunoGenのisatuximab、OncopeptidesのYgalo、Karyopharm Therapeuticsのselinexor、Bluebird Bio/セルジーンのbb2121等の新たな薬剤が最初の承認に向けて開発を進めています。

多発性骨髄腫では、有効性を改善した、新規作用機序を有し、十分に治療を受けられていない患者群に対応できる薬剤には非常に大きな臨床的、商業的可能性があります。

調査におけるキーポイント

  • 現在、多発性骨髄腫治療にはレブラミドとベルケイドが広く使用されているものの、予測期間中これらの薬剤の使用にはどのような変化が予想されるか?これらの薬剤のジェネリック薬が参入すれば、当市場にどのような影響をもたらすか?
  • ヤンセンのダラザレックス及びブリストル・マイヤーズ スクイブ/アッヴィのエムプリシティの承認が当市場にどのような影響をもたらしたか?予測期間中、これらの薬剤はどの程度重要な役割を果たしうるか?
  • サノフィ/ImmunoGenのisatuximab、Bluebird Bio/セルジーンのbb2121、グラクソスミスクラインのGSK2857916、ヤンセンのダラザレックスの皮下注製剤など、第3相段階の薬剤に対する主なオピニオンリーダーの見解は?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search