skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

膵臓がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

膵臓がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

膵臓癌の現在の治療は化学療法が圧倒的ではあるものの、Halozyme TherapeuticsのPEGPH20、アストラゼネカ/メルクのLynparzaなど、開発段階の標的療法は忍容性に優れた選択肢となることが予想されています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

膵臓癌は非常に悪性度が高く、治療の困難な癌で、5年生存率は10%以下です。治療選択肢は手術、放射線、化学療法に限定されているため、安全でより有効性に優れた薬剤が求められています。

ファーストラインではFolfirinox療法及びセルジーンのアブラキサンとゲムシタビン併用療法が従来の治療に代わる治療戦略として確立しつつあり、セカンドラインではMerrimackのOnivydeが新たな標準療法となっているようです。ただし、これらの治療はわずかな生存ベネフィットしか示せておらず、全生存期間は1年未満です。

現在の治療は化学療法が圧倒的ではあるものの、Halozyme TherapeuticsのPEGPH20、アストラゼネカ/メルクのLynparzaなど、開発段階の標的療法は忍容性に優れた選択肢となることが予想されています。

調査におけるキーポイント

  • 日、米、欧州5カ国における薬物治療可能な膵臓癌、膵神経内分泌腫瘍(PNET)患者規模は?10年間の予測期間中、薬物療法受療率にどのような変化が予想されるか?
  • 主要7カ国において、膵臓癌、膵神経内分泌腫瘍(PNET)患者はどのような治療を受けているか?現在の治療選択肢に対する専門医の見解は?
  • 未だ満たされていない臨床ニーズとは?10年の予測期間中に対応可能と思われるニーズは?
  • 膵臓癌及び膵神経内分泌腫瘍(PNET)において開発段階の主な薬剤は?当市場でどの程度の売上/採用を確保できるか?早期段階パイプラインの状況は?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search