skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

慢性閉塞性肺疾患(COPD)| ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

慢性閉塞性肺疾患(COPD)| ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

COPD市場は、LABA/ICS配合剤からLABA/LAMA配合剤、さらにはLABA/LAMA/ICSの3剤配合剤へと次第に移行しつつありますが、既存及び現在開発段階のジェネリック薬がこのトレンドに大きな影響を及ぼしそうです。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

COPD市場は、LABA/ICS配合剤からLABA/LAMA配合剤、さらにはLABA/LAMA/ICSの3剤配合剤へと次第に移行しつつありますが、既存及び現在開発段階のジェネリック薬がこのトレンドに大きな影響を及ぼしそうです。

すでに米国及び欧州でLABA/ICS配合剤のブランドジェネリック及びジェネリックが発売されており、さらに数剤が間もなく米国で承認される見込みです。価格は処方決定を左右する主な要因の1つであり、こうしたジェネリック薬がもたらす競争がLABA/LAMA及びLABA/LAMA/ICS配合剤の採用に影響を与えるものと予想しています。

COPDにおける新規薬剤クラスの開発が続くなか、医師は代替となる治療薬に強い関心を示しています。

調査におけるキーポイント

  • ジェネリックLABA/ICS配合剤及びチオトロピウムの発売に対し各国市場はどのような反応を示すか?国によってこれらのジェネリック薬の採用度に大きな違いが予想されるか?
  • LABA/LAMA配合剤は市場シェアをさらに伸ばせるか、それともLABA/LAMA/ICS配合剤のジェネリックまたはブランドが対抗し、脅威となりうるか?
  • 現在2剤以上の併用療法を個別のインヘーラーで処方されている患者の割合は? 3剤併用療法を受けている患者の割合は?こうした患者の配合剤への変更が予想されるか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search