skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

喘息 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

喘息  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

喘息治療薬市場は、新たな生物学的製剤数製品の参入、吸入薬ブランドジェネリックやジェネリックの新規市場での発売、LABA/LAMA/ICS配合剤の発売も予想されるなど、今後10年間で大きな変化を迎えそうです。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

喘息治療薬市場には、吸入薬(例:グラクソスミスクラインのアドエア/セレタイド、アストラゼネカのシムビコート、ベーリンガーインゲルハイムのスピリーバ)、経口薬(例:モンテルカスト)、生物学的製剤(例:ロシュ/ノバルティスのゾレア、グラクソスミスクラインのヌーカラ)など地位を確立した薬剤が多数存在しています。しかし市場のダイナミクスは流動的で、ブロックバスターの売上を達成した吸入薬に代わるブランドジェネリックやジェネリック薬の発売が続き、重症喘息というニッチ患者層を対象とした新たな生物学的製剤が承認されています。こうしたイベントによって、巨大な収益の見込める当市場において競争が激化し、その傾向は今後も一層強まりそうです。別の生物学的製剤数製品の参入、吸入薬ブランドジェネリックやジェネリックの新規市場での発売、LABA/LAMA/ICS配合剤の発売も予想されるなど、喘息治療薬市場は今後10年間で大きな変化を迎えそうです。

調査におけるキーポイント

  • 現在の吸入薬ブランド、ブランドジェネリック、ジェネリック薬選択肢に対する主なオピニオンリーダーの見解は?吸入薬ブランドジェネリック、ジェネリックが市場に与える影響とは?
  • 喘息に対する既存の生物学的製剤(ゾレア、ヌーカラ、テバのCinqair/Cinqaero、アストラゼネカのFasenra)に対する主なオピニオンリーダーの見解は?これらの製品は治療アルゴリズムのどこに位置付けられるか?重度の難治性喘息患者に生物学的製剤の処方を促す要因とは?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search